光触媒フィルターと観葉植物のダブル効果でたった1個の植木鉢が部屋全体の空気を綺麗にする「NATEDE」

みなさんが何気なく自宅に飾っている観葉植物が実は他の植物よりも空気を綺麗にしてくれる事をご存じでしたでしょうか?
植物は二酸化炭素を吸って光合成を行い酸素を放出すると言うのは中学校の理科の授業で習ったと思いますが、実はみなさんの家庭に飾っているよく見かける
”サンスベリア”、”幸福の木”、”ポスト”….etcと言った観葉植物達は二酸化炭素だけではなくVOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)と言ってシックハウス症候群の原因ともなっているホルムアルデヒトやベンゼン、トリクロロエチレンと言ったものを吸収してくれるのです。

そして吸収された有毒なガスは30%を葉で吸収し、残り70%は根に運ばれて根の周りにいます微生物が吸収分解します。

とは言っても小さな鉢植えですと残り70%の有毒ガスを分解する土に住む微生物も数が限られて来ます。そこで空気清浄機と合体させる事で空気の浄化能力を上げたのが今回紹介します「NATEDE」になります。


ではどの様な仕組みでこの「NATEDE」は空気を浄化するのかと言いますと、本体底部にファンが入っており、ファンが起こす風により植木鉢の上部から汚れた空気を吸い、そして底部から排出する様になっています。

つまり観葉植物により吸収され根に送られた有毒ガスは本来なら土に含まれる微生物が分解するのですが、根から放出された有毒ガスは、外気と一緒に「NATEDE」に敷き詰めます土を焼き固めたハイドロカルチャーの様なボールの間を通り次に紹介する”光触媒フィルター”で更に浄化されて排出させると言う構造になっていますので、普通に観葉植物を栽培し、空気の浄化を行うよりも、空気清浄機で空気の浄化を行うよりも相乗効果で何倍も多くの汚れた空気を綺麗にしてくれるのです。

そしてこの光触媒は酸化チタンで作られたフィルターに光りを当てる事で、その酸化チタンのフィルターの網の中を有害なガスを含んだ空気が通る際にVOCやウィルス、バクテリア、そして臭いを分解する事ができ、このフィルターは洗う事で元の空気の浄化能力を取り戻す事ができるのが特徴で、活性炭フィルターやPM2.5をも除去するペーパーフィルターの様にフィルターの目を詰まらせる事による交換作業を不要にしていますので、つまりランイングコストがかからないのです。

またこの「NATEDE」ではWiFi通信モジュールを搭載し、空気の浄化状態はリアルタイムでモニターする事ができる様になっており、もし二酸化炭素や一酸化炭素、そしてこれから気を付けなければならない熱中症指数でもある温度や湿度が異常値を検出する事でスマートフォンを通じてアラートを出してくれたりする機能もありますので、知らず知らずのウチになる熱中症予防にも役立てる事ができますし、やはり無骨な工業製品である空気清浄機をドカンと置いておくのではなく華のある植物をその代わりに飾れると言うのは目にも優しく和ませてもらえます。

ので、もし気になられた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/628579643/natede-the-most-amazing-smart-natural-air-purifier

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79985

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です