Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | アウトドア | クッキング > 重さ1.3kg、鍋やフライパンを汚さない調理後の掃除がめっちゃ楽な組立不要の薪ストーブ「Cook-a-burra」

重さ1.3kg、鍋やフライパンを汚さない調理後の掃除がめっちゃ楽な組立不要の薪ストーブ「Cook-a-burra」

キャンプ等で使う調理器具と言うと、みなさんがおそらく想像されるのは炭を使うコンロでしょう。
炭を使うコンロは大きさも様々な種類が売られており、価格も手頃なのでよく使われると思いますが、一番の欠点は火を起こして火を安定させるまでにキャンプに慣れた方でも1時間は余裕でかかると言う事です。
一方、ガスやホワイトガソリンを使うコンロは火はすぐに点灯しますし、自宅のガスコンロと同じ様に火力の調整もできますので使い勝手は最高です。

その他に薪ストーブと言うものもあります。薪ストーブは冬キャンプをされる方であれば必需品です。薪ストーブは自宅に設置する薪ストーブと同じ様に暖房器具になる他、薪ストーブそのものが調理台として使え、薪の炎で加熱された薪ストーブの上に鍋やフライパンを置いて調理を行う事ができるのですが、排気の為の煙突を立てたり薪ストーブを組み立てたりするのがとっても大変です。

そこで今回は鍋1つしか置けませんが、重さも1.3kgしかなく組立も不要な為に、到着してすぐに調理にかかれるポータブル薪ストーブ「Cook-a-burra」を今回はご紹介致します。


薪は着火すれば次々に他の薪も温められ可燃性ガスを連続して放出する様になる為に、炭に比べて火がつきやすくしかも炎が出るのでその遠赤外線の輻射熱で暖も同時に取る事ができます。
しかも薪ストーブはストーブの中で薪が燃焼する為にススが直接、フライパンや鍋に当たらないと言う利点があります。

その為に調理後、真っ黒になった鍋底を洗うと言う作業がなくなり片付けも本当に楽になります。

でも炭でもお湯を沸かしたり炒め物をしたりできるよね、と思われると思いますが、確かに網の上にヤカンや鍋、フライパンを置いて調理する事は可能です。
可能かのですが、調理に使う炭が問題です。炭も備長炭の様な高級な炭であればススも殆どでませんが、チャコールやマングローブを燃やして作った安価な炭はススを結構出しますので、調理後の鍋やフライパンの鍋底を見ると愕然とします……

だからと行って1kgン千円もする高級な炭を使える方も稀です。ですが薪ストーブあれば大方1束500円~600円程度で購入する事ができ燃料としてはリーズナブルですし、何と言ってもススが鍋底につかないと言うメリットがあります。

ただ鍋を置ける面積が130mm×200mmなので直径20cm前後のフライパンや鍋を乗せるのが精一杯なので一度にたくさんの料理を作る事はできませんが、夫婦二人、恋人と二人、気の合う友人と二人でキャンプに行くと言う様な時、「Cook-a-burra」で調理をしながら側にいれば暖も一緒に取れますので一石二鳥です。

また火を消すのも開閉式の蓋をパタンと締めれば酸素の供給をシャットアウトする事ができる事から消火もスムーズに速やかに行えますので、移動直前まで火を起こしたままでいられると言うのもメリットで、灰も「Cook-a-burra」を傾けるだけで飛び散らずに捨てる事ができますので後片付けも大変楽になっていますので、前々から薪ストーブで調理をと考えられておられた方にはサイズも手頃で良いのではないでしょうか?

なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/2108253837/cook-a-burra-a-camping-wood-stove-that-wont-soot-y

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=33777
Listed below are links to weblogs that reference
重さ1.3kg、鍋やフライパンを汚さない調理後の掃除がめっちゃ楽な組立不要の薪ストーブ「Cook-a-burra」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | アウトドア | クッキング > 重さ1.3kg、鍋やフライパンを汚さない調理後の掃除がめっちゃ楽な組立不要の薪ストーブ「Cook-a-burra」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。