直径10mmの震動ドライバーにより空気を伝わる震動も再現した7.1chインイヤー型ヘッドセット「Quake」

最近、何人かのプレイヤーが共同して対戦するゲームを”eスポーツ”と呼ぶ様になっていますが、何も知らない方ならゲームがスポーツ!?と思われるのも仕方ありません。
本来ゲームは子ども達が楽しむ為の娯楽の1つだったのが今、海外ではン億円と言う賞金がかかったトーナメント大会が行われ、バーチャル空間内で五感を駆使して競う、ちょっとした反応の遅れや操作ミスが即命取りとなる、まさにスポーツと言っても言い過ぎではないスポーツとなっています。

ですからキーボードやマウスもいかに手の動きを正確にそして瞬時に使えるかが重要になっており、ゲーミング用キーボードやマウスと言うジャンルのゲームをプレイする為に特別にチューニングされたデバイスも数多く存在するのですが、何故かeスポーツに必需品のヘッドホンだけはゲーミング用と謳ったものを見かける事はありません。

そこで今回はゲーム用にチューニングされたヘッドセット「Quake」をご紹介致します。


さて、前述した様にゲームにヘッドセットは必需品です。何故ならeスポーツとして行われるゲームは複数のプレイヤーが共同して1つのゲームをクリアして行きますので、お互いの意思を確認する為に会話する必要がありますし、視覚の他に聴覚も非常に重要になって来るからです。

と言いますのもゲーム中ではグラフィックもそうですが、サウンドにおいてもリアルな世界を忠実に再現されており、例えば人が右後方から近づいて来る様な場合、右後方からの足音がだんだん大きくなり近づいて来るのがわかる様にサウンドも設計されています。
また車両や飛行機やヘリと言った航空機も飛行音もそうですし、飛んで来る銃弾が風を切る音と言ったものまでリアルに再現されたゲームもあり、この音に気付くか気付かないでも勝敗の明暗を分けるからなのです。

ですから例えば敵が後方から近づいて来るなら、その足音や車両の走行音が聞こえるだけでなく方向までも特定できるイヤホンやヘッドホンでなくては、せっかく反応の良いゲーミングキーボードやマウスを持っていても、イヤホンやヘッドホンの性能の差だけ反応が遅れ負けてしまいますので、この「Quake」が必要になって来るわけです。

そしてこの「Quake」では両耳に装着する2つのインイヤー型のイヤホンで疑似7.1chを再現し、敵の足音や車両の移動音の音源を特定できる様に設計されています。
更に、足音や銃声は強調してよく聞こえる様にもチューニングされていますので、近づく敵の足音を聞き落とす事がありませんし、銃声においても銃弾がヒットするまでに避けられる様にと工夫されていますので、後はあなたのコントロールテクニック次第です。

更に10mmの震動ドライバーは、戦場であれば実際に砲弾が飛んで来れば爆音と共に空気の振動が肌にヒシヒシと感じられますが、それをも再現するかの様に震動して疑似体験させてくれますので、ゲームと言えど実際の戦場にいるかの様な雰囲気も同時に味わえる様になっています。

また脱着可能なマイクはノイズキャンセラーを搭載しており、騒がしいトーナメント会場でも自分の声だけをクリアに仲間に伝える様にこちらもチューニングされていますので、詳細は下記URLにてご確認下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/97905190/quake-lightest-virtual-71-gaming-earbuds-with-vibr

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/80565

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です