全く新しい概念で開発されセキュリティー性能が飛躍的に向上したサウンドキー使用のデジタル玄関錠「JIIPKEY」

今、デジタルな玄関錠としては暗証番号の他にICカードや指紋、そして顔認証、その他にBluetoothを使いスマートフォンをキーにする事もできますし、リモコンキー等も古くからあります。
そして、これらデジタルキーにする利点は利便性の向上とセキュリティーの向上です。
まず、利便性としては鍵を使わないので、鍵を開ける度に鍵を出さなくて良い上に、子どもさんがおられる家庭等は暗証番号キーや指紋認証キーにする事で鍵を落とされる心配もありません。

またセキュリティーとしてはピッキングの防止になります。ピッキングはセキュリティー性の高いディンプルキーでもプロの鍵師にかかれば一瞬にして開けられてしまいますので万能ではありませんし、素人でも鍵の掘られた番号を盗み見る事ができればその番号だけで鍵は複製できてしまいますので安全とは言えません。
ですがこれらデジタルキーは指紋や顔認証は完全に登録した本人でなければ解錠は無理ですし、暗唱番号は定期的に変更すれば安全性も高まります。

ただ指紋や顔認証は登録した人しか解錠できませんので、留守中に尋ねて来た親族にデジタル錠を解錠して家の中に入って待ってもらうなんて言う便利な事はできませんし、暗証番号は盗み見られる可能性がある上にスマートフォンを使ったBluetoothやWiFiでの解錠はその電波を盗み見られると解錠する事は可能です。

そこで今回は漏洩の心配は一切なく、ゲストに簡単に鍵を解錠させる事が可能で、なおかつバッテリー切れでも簡単に解錠可能なデジタル玄関錠「JIIPKEY」をご紹介致します。


サウンドキー


まずこの「JIIPKEY」ではサウンドキーと言って音を使った鍵が使われています。
サウンドキーで1番分かり易いのはコカコーラの自動販売機への搭載が増えて来た”Coke ON”です。
この”Coke ON”では自動販売機で飲料を買った時に自動販売機から発するサウンドキーをスマートフォンんぼマイクで拾う事でポイントが貯まり、その貯まったポイントでタダで自動販売機で交換できたりします。

それと同じシステムをこの「JIIPKEY」では採用しており、例えばゲストに解錠して自宅に入って待っててもらう様な場合、従来のデルタルキーであればまず最初に専用のアプリケーションをダウンロードしてもらってから解錠用のキーを送信しなければならないのですが、この「JIIPKEY」は音声ファイルを送り、そしてその音声ファイルを再生するだけで専用のアプリケーションをダウンロードせずとも解錠できますし、ガラゲーでも音声ファイルが再生できるのであれば解除できますのでとても便利です。


見た目はそのまま


次にこの「JIIPKEY」は、普通は玄関の外側にデジタル錠は取り付けるのですが、何と内側のサムターンを外して取り付ける様になっているのです。
つまり表から見た時は普通の従来の鍵ですので、もし「JIIPKEY」のバッテリーが切れた様な場合は普通に鍵で開け閉めでき、解錠する為にコンビニに走ってバッテリーや電池を購入して充電しなければならないなんて事がないので便利です。
更に内側に取り付ける事でデジタル化した事が分からない上に、ピッキングされ辛い鍵と組み合わせる事で最高のセキュリティーキーとなります。


タッチパネル数字キーにも


そしてこの「JIIPKEY」にはスマートフォンを持っていないお子さんがいるご家庭向きに玄関外のキーとして従来のシリンダー錠をリプレイスするタッチパネル式の数字キーパッドも上位シリーズとして用意されています。
つまりタッチパネル数字キーを導入するとこで暗唱番号での解錠が可能になりますので、前述した様にスマートフォンやスマートフォンを持っていない方お子さんでも解錠できますので便利です。

また「JIIPKEY」だけですとBluetoothやWiFiを利用したデジタル玄関錠とは違いバッテリーで最長1年間はバッテリー交換不要で連続使用が可能ですし、WiFiとの中継ドンクルも付属しており解錠情報はリアルタイムで登録したスマートフォンへリアルタイムで通知されるなどセキュリティー面からも申し分ない仕様となっていますので、もし興味持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/jiipkey/jiipkey-unlock-your-door-with-an-undetectable-soundkeytm

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です