iPad Proのストレージを増強するTFカードリーダーと巻き取りケーブルホルダー「TOFUstick & YOYOcable」

iPhoneやiPadシリーズから最初からメモリーカードリーダーは搭載しておらず、しばしばメモリー不足に陥ると言った事態が起こります。
特に価格が高いからとメモリー容量の少ないものを選ぶと、高性能化したカメラで撮影した画像や動画でメモリーはすぐにいっぱいになり、アプリのアップデートはもちろんの事、新規にメールさえも受信できない状況に陥ります。
一方Androidは防水化された事で多くのスマートフォンやタブレットでもメモリーカードを差し込む事ができない様になっており、こちらもメモリー不足を同じ様に引き起こしています。

そこで最近登場しているのが、スマートフォンやタブレットでも使えるカードリーダーや自動バックアップデバイスです。

自動バックアップデバイスは充電器(USB電源)に差しておく事で、充電ケーブルを接続してスマートフォンやタブレットを充電する際に自動的に指定した画像や動画ファイル等をバックアップしてくれるデバイスで、スマートフォンやタブレット内のファイルはマニュアルで削除しなければいけませんが、自動バックアップのお陰でメモリー付属に陥った時に非常に助かります。

ですが外出時に同じ様にメモリー付属に陥った様な場合には外出先ではモバイルバッテリーなどを持っていないとバックアップする事ができないものが殆どです。
そこで今回は外出時にバッグの中に入れたままバックアップする事ができるカードリーダー”TOFUstick”と、市販のUSBケーブル等を巻き取って収納する”YOYOcable”をご紹介致します。


TOFUstick


まず最初に“TOFUstick”はUSB-Cコネクタタイプのカードリーダーで、iPad ProやMacBook、Androidスマートフォンやタブレット、Surfaceと言ったUSB-Cコネクタを装備したデバイスで使用する事のできるUSB-Cカードリーダーで、最大2TByteまでのTFカード(MicroSD)タイプのSHXC等を使い、データ等のバックアップや外部記憶デバイスとして利用する事ができます。
そしてこの“TOFUstick”にはスイッチがついており、電源をOFFにする事ができる様になっており、スマートフォンやタブレット、PCに装着したままにしている様な場合にバッテリー消費を抑える事ができます。
おそらくメモリーカードに書き込まれたファイルを読み書きしに行ってはいないのに、カードリーダーを接続しているだけでバッテリーが常に消費されるなんて思っておられる方はおられないと思いますが、カードリーダーを差し込んでいるとUSBコントローラーが動いていますので実際にはバッテリーを消費しており、それを抑える事ができます。

またTFカードリーダーの他にUSB-Cコネクタを装備しており、“TOFUstick”を装着したままデバイスを充電する事ができますので、iPad Proでメモリーカードに入った動画ファイルや画像ファイルを編集しながら充電も同時に行う事ができますのでバッテリーの減りを気にしながら作業しなくても済むので便利です。

また厚みが8mmしかないので、iPad Proにそのまま差し込んだまま移動中にファイルのバックアップを行うと言った事もできますし、充電ケーブルを差し込んだとしてもケーブルは平行で出て来てケーブルが邪魔になる様な事もないので、モバイルバッテリーで充電しながらファイルをバックアップすると言った使い方もできます。


メモリーカードが収納できる“TOFUstick”ホルダー


またこの“TOFUstick”にはキャリングホルダーが付属しており、キーリングの付いたUSB-C→USB-Aコネクタと一緒にキーリングに引っ掛けて“TOFUstick”wお持ち歩く事ができる様になっており、何時でもどこでも使える様にと考えられています。
またホルダーの方は中が空洞になっており、中にはmicroSDカード2枚にNanoSIMカード2枚とイジェクトピンを収納できる様になっていますので、メモリーガードが気付かない間にいっぱいになっていたなんて言う様な時に予備のカードを入れて持ち歩けますので安心してガンガン動画の撮影も行えます。


YOYOcable


次に”YOYOcable”はケーブルの巻取機です。
市販のケーブルを巻き取ってコンパクトにしてケーブルを持ち歩く事ができる他、ケーブルの長さを最小限だけ出す事で、テーブルやデスクの上を這い回るケーブルに邪魔されると言った様な事を避ける事ができるのですが、この”YOYOcable”の1番の特徴はコネクタまで収納できる点です。

一般的なケーブルの巻取機はコネクタ部分は出たままなのでスッキリ感はないのですが、この”YOYOcable”はコネクタ部分まで内部の収納できますので、スマートフォに携帯する事ができます。

ただ3m弱ある長いケーブルや、ケーブルが切れない様に強化れケーブルが太いケーブルは収納できないので注意が必要です。

また”YOYOcable”にはケーブルも付属しており、USB-C←→USB-CケーブルにUSB-A変換コネクタと、microUSB、Lighthing変換コネクタが付属しており、これら変換コネクタと一緒に”YOYOcable”の中に収納できる様になっており、どの様なデバイスでも充電できる様になっていますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/zentofu/tofustick-and-yoyocable

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です