iPad

Outemuキーを採用する事でコスパ的にも優れたテンキー付き100キー・キーボード「Hatsiu Mechanical Keyboard」

ゲーミングキーボードと呼ばれるキーボードのキーに使われているCherryMXと言うブランドキーには、今ではたくさんの互換キーが発売されています。
その中でも日本で広く知られているのがGateron, Kailhですが、これ以外にもたくさんのキーのブランドはあり、CherryMXと同等の性能を持ちながら価格は半分以下と言うものもあり、耐久性等を考えると未知数な所はあります。

ですが、その中でもスペックもCherryMXにほぼ近くキーの価格はほどほどに安いOutemuキーを使った100キー・キーボード「Hatsiu Mechanical Keyboard」をご紹介致します。


赤軸と青軸


今回紹介するキーボード「Hatsiu Mechanical Keyboard」にはOutemuキーの赤軸と青軸のどちらかをチョイスできる様になっています。
そしてキーのスペックですが、まずCherryMXのスペックが

赤軸→押込圧:45cN ストローク:4.0mm-0.4mm 接点:2.0mm±0.6mm
青軸→押込圧:60cN ストローク:4.0mm-0.4mm 接点:2.0mm±0.6mm

となりますので、赤軸はCherryMXとほぼ同じで、青軸は押込圧が50cNですからどちらかと言えば静音の赤軸がカシャカシャと音を立てる感じになります。


コンパクトなのにテンキープラス

そして今回紹介するキーボード「Hatsiu Mechanical Keyboard」の最大の魅力は、キーボードサイズは36.6cm×11.7cmとコンパクトなのにベゼルレスにした事でテンキーがキーボード上にレイアウト、備わっている所です。

このテンキーはゲームにおいてはキャラクターの移動と言った目的で使われる事も多く、ゲーミングキーボードでは欠かせないのですが、やはりワイヤレスキーボードの多くは持ち運び、持ち歩きと言う事も考えテンキーを抜いて86キーでキーボードを設計したりする為、ゲーミングキーを使いマクロ機能などもあって使いたいなと思ってもテンキーレスな事で諦めざるをえません。
ですが、この「Hatsiu Mechanical Keyboard」に至ってはしっかりとテンキーがあるのでゲームにも使えますし、Excel等の表計算ソフトで数字を入力する事が作業的に多いと言う方にもこのキーボード「Hatsiu Mechanical Keyboard」は便利に使って頂けますし、何よりWindows以外にMacでもAndroidでも利用できると言うのが魅力的な所です。


5台のデバイスと同時ペアリング


そしてワイヤレスキーボードとして魅力的なのは最大5つのデバイスと同時ペアリングしておける事です。
たいてのBluetoothキーボードの同時接続数は3台なのでそれ以上のデバイスとペリングさせておいて利用したいと言った場合、ペアリングのし直しと言う作業が必要になってきます。
ですがこの「Hatsiu Mechanical Keyboard」ではBluetoothで3台、2.4GHzを使った通信ドンクルで1台、ケーブルで1台の合計5台のデバイスをキーボードから接続先を変えて利用する事ができますし、その切替もQWERと言うのもオシャレな所です。
またワイヤレスですとバッテリーをフル充電にしておけばバックライトONで40時間の利用可能ですし、OFFなら何と600時間も連続使用する事ができるロングライフ設計となっていいますので、もし驚異を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1289204818/hatsiu-the-powerful-and-compact-mechanical-keyboard-100-keys

実用性もバッチリ!!ビットの出し入れ操作が格好いい、ボルトアクション採用のビットドライバー「strikerbit™」前のページ

360°自由に向きを変えられ、ワイヤレス5W充電機能もついたiPad用USB-Cハブスタンド「Kolude Stand」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    走行中も停車中も愛車を守ってくれる、360°回転するカメラが特徴のドライブレコーダー「Dash Ca…

    最近はドライブレコーダーを標準装備した車も増えていますし、後から取り付…

  2. Newガジェット

    周囲180度をグルッと照らしてくれるLEDカンデラ「ONE80 Light」

    カンデラと言う照明がありますが、このカンデラは頭に直接巻き付けて使う事…

  3. Newガジェット

    いつでも何処でも手軽にゲームをプレイしたり動画を楽しめるARグラス「Dream Glass Flow…

    メガネ型のモニターと言うのは実は20年程度前から存在しています。ただ今…

  4. Newガジェット

    カメラを使い自動マッピングする事で自律飛行を実現した4K撮影可能な撮影用ドローン「Mark Dron…

    ドローンを自律飛行させる場合、今まではGPSを使った位置情報を使ったり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP