Newガジェット

お菓子のアルミパッケージの再シールが出来るだけでなくアイロンシートの転写などにも使えるコードレスヒーターペン「MiniCraft Pen」

みなさんは食べ残した袋菓子の袋を再シール、つまり密閉する事ができるシーラーと言う機械はご存じでしょうか?
このシーラーは100円均一ショップなどでも売られており使っておられる方も多いかと思いますが、このシーラーの良い所は再密閉する事で袋の中の菓子が酸化したり、湿気たりする事を防ぐ事が出来るだけでなく、何よりも保存容器に写し変えた時の様に洗い物が出たりする事がないのが良い所です。

ただシーラーってそれ以外の用途って実際なく最初は面白がって使ってはみるものの、そのウチにある事も忘れて使わなくなるのですが、今回紹介するコードレスヒーターペン「MiniCraft Pen」なら様々な用途に使用する事ができます。


カッター付きシーラー


今回紹介するシーラー「MiniCraft Pen」は、よくあるホッチキスの様な形をした挟み込むタイプのシーラーではなくペン型になっており、ペンの先端にヒーターを内蔵しています。
そしてペン先のそしてペンの先端にボタンを押す事でヒーター部分は110℃にまで加熱され、封をした菓子袋をテーブルの上に寝かせ、「MiniCraft Pen」を菓子袋に押しつけながらスライドさせて行く事で菓子袋はピッタリと密着し再密閉させる事ができます。

そしてヒーターの反対側にはナイフが内蔵されており、菓子袋の再開封に使えるだけでなく宅配便のダンボールの開封などにも使用する事ができます。


宛先を消して個人情報保護


次にこのシーラー「MiniCraft Pen」は一般的なシーラーとは違いペン型でヒーター部分が剥き出しになっているため、どこにでも当てることができます。
それによってこの「MiniCraft Pen」では、例えば熱転写プリンターで印字された宛名に押し当てならがらスライドさせる事で熱転写シートの送り状を熱で黒く塗り潰すことができ、宛名を分からなくすることが出来ますので、ダンボールに送り状を貼ったまま古紙回収に出したとしても個人情報が流出する事はありませんし、送り状を剥がすと言う手間も省くことができます。


アイロン転写


そしてこのシーラー「MiniCraft Pen」は、先端のヒーター部分をどこにでも押しつけることができるため、例えば熱転写シートを写したり、アイロンで貼り付けることができるワッペンなどを熱転写すると言った用途にも使えますし、この「MiniCraft Pen」を使えばわざわざアイロンを出して来ることも、アイロンを冷ましてから収納したりすると言った手間もかからず手軽に使えますし、何よりコードレスなのでコンセントがなくてもどこででも手軽に使用することが出来ますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/sleepyplanet/minicraft-pen-4-in-1-diy-cordless-heat-active-pen

130,000rpmの超高速回転モーターで25m/sの強風を起こす事ができるハンディーブロワー「MiniNova」前のページ

アウトドアで使用するには最適なIP68耐水性や耐衝撃性を兼ね備えた12インチモバイルディスプレイ「Kwumsy N1」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    たった$9で買えるLINUXマイコン「CHIP」

    RaspberryPiも高性能化して来て、Windows10のサポート…

  2. Newガジェット

    折り畳んだ時の厚み6mm、重さたった95g、丸洗い可能なBluetoothキーボード「Wekey P…

    スマートフォンを使って長文を打ち込んだりする時に、PCを触った事がない…

  3. Newガジェット

    刃の向きを自由自在に変える事ができるので、足の爪切りも楽々とできる様になった爪切り「CLIPPER …

    みなさん、定期的に爪は切られるかと思いますが、その爪切りがし辛いと感じ…

  4. Newガジェット

    布団や靴の乾燥だけでなく、ペットドライヤーとしても利用できる衣類乾燥機「AlicHome Y6」

    冬は晴れていたとしても洗濯物が外干しではなかなか乾き辛くみなさんも困っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP