手持ちでもiPhone Xを使いながらワイヤレス充電可能なQi対応モバイルバッテリー「CircleOne」

ワイヤレス充電対応のiPhone 8/8 PLus/Xを持つ様になりケーブルを繋ぐか繋がないと言うだけなのに、充電がとても楽になりましたよね。
たったケーブルを繋ぐか繋がないかと言う時間にすると数秒の事なのにケーブルがなくなっただけでかなり楽になりました。

ただ逆に不便になった事もあります。それは外出先や自宅やオフィスにおいても、モバイルバッテリーで充電する時です。いざケーブルレスで充電できる様になると、少し前までは毎日ケーブルを繋いで充電したのにも関わらずとても面倒に思え、ケーブルを繋いで充電する事がすごく煩わしく思えます。

そんな、モバイルバッテリーで充電する時にケーブルを繋いで充電するのが面倒くさい!!と思っている方に今回はワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「CircleOne」をご紹介致します。


さてこのモバイルバッテリー「CircleOne」はバッテリー容量4,000mAhで大きさは150mm×65mm×9mmとiPhone 8よりも少し小さく厚さは何と驚異の1cmに満たない9mmと言う薄さ、そして重さは168gでiPhone Xを1回ちょっとフル充電できる能力を持ったモバイルバッテリーです。

そしてこの「CircleOne」はQiワイヤレス充電に対応しており、「CircleOne」の上にスマートフォンを乗せるだけで、iPhone8/8 Plus/X以外でもQiワイヤレス充電に対応したAndroidスマートフォンやその他ガジェットを充電する事ができます。

とここまでなら既にQiワイヤレス充電に対応したモバイルバッテリーは数多く市販されていますので驚く様な事もないのですが、この「CircleOne」には”Magic Sticker”と言うナノサクションシート(小さな見えない吸盤が無数に配置されたシートで、普通の吸盤であれば少しでも空気が吸盤内に入れば外れ落ちてしまいますが、このナノサクションシートはシート上に無数の吸盤がありますので1つや2つ吸盤が剥がれた所で粘着性能が落ちると言う事はないので、吸盤では空気が入って使えない局面や少しデコボコとした面でも何かガジェットを落ちない様に、ズレない様に固定する事が得意な粘着シートになります)を使っていますので、一度スマートフォンを置けば故意的に外さない限り外れません。
ですからこの「CircleOne」はスマートフォンを「CircleOne」に貼り付けたのなら強引に剥がさない限り剥がれませんので、片手持ちした状態で手からスマートフォンだけで滑り落ちると言う事がないので多少厚みは増えますが、今までの様に片手にスマートフォンを持って充電しながらスマートフォンを使うと言う使い方ができるのです!!

そしてワイヤレス充電に対応していないガジェットはUSB出力が2ポートあり、同時に2台+ワイヤレス充電する事ができますので、例えば帰宅後にまずはこの「CircleOne」にmicroUSBケーブルを接続しiPhone Xを上に乗せ、他の予備のモバイルバッテリーやモバイルルーター、GoProの様なアクションカメラ等をUSB充電ケーブルを使って「CircleOne」と接続しておけば朝起きた頃には全てのガジェットが充電されています(当然”CircleOne”もフル充電されています)。
ただ帰宅後にケーブルを「CircleOne」に差すと言う事をしなければならないのが面倒かもしれませんが、それでもUSB充電器の数が少なくて、1台の充電が終わるのを待って次のガジェットに充電ケーブルを繋ぎ直して充電した事を思えば楽なのではないでしょうか?
しかも充電のし忘れがありませんし。
またオプションにはなりますが、CA$9追加すればワイヤレス充電に対応していないスマートフォンをワイヤレス充電化する事ができる受電パット(microUSB,Lightning,USB-Cの3種類が用意されています)も購入する事ができますので、今使っているiPhoneをこの機会にワイヤレス充電化するのもいいかもしれませんね。

なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/circleone/circleone-wireless-power-bank

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です