あまり意味がないかもしれませんが、ワイヤレスで点灯するアロマキャンドル「Candle Touch™」

さて、世の中にはこれって一体どう言った用途に使うの?と言うもにたまに出会う事があります。
これって面白いけど、どうしてこんな風にしたんだろ?これって役立つのかな?と言うものから、何に使うのだろ?と全く形からどう言った事に使えるのか全く分からないものまで多岐に渡ります。

そして今回紹介するのはアロマキャンドル「Candle Touch™」なのですが、何とスマートフォンで操作すると実際に火か点くアロマキャンドルです。


ワイヤレスで点灯する意味


普通、アロマキャンドルならマッチやライターで火を付けられるので、わざわざワイヤレスで点灯させる必要はないのではと思うのが普通です。
ですが今は家庭でマッチやライターを使う機会って、仏壇があって毎日ロウソクや線香をあげると言った家庭や、タバコを吸うご家庭くらいしか置いておらず、誕生日ケーキのロウソクを付ける時になって、マッチもライターもなくてどうしようと慌てるご家庭が大半だと思われます。

ですからこの「Candle Touch™」の様にワイヤレスで点灯できると言う仕様は、実は現状に即していると言えるのです。


フレーバーは9種類


そしてこの「Candle Touch™」には、”ブラックアンバー&オーク”、”グァバ&赤すぐり”スーパーソニック”、”グレープフルーツ&カルダモン”、”アンバー&クローブ”、イチジク&クラッシック”、アボカド&ミント”、ホワイト・ティー&ジンジャー”、グリーンティー&レモングラス”、ライム&グレープフルーツ”と言う9つのフレーバーが用意されており最大40時間連続点灯させる事が可能です。

そしてまた、キャンドルは使い捨てにはなっていますが、芯を入れ替えてロウを溶かして追加して再生すれば再生する事もできるでしょう。


最大10台まで点灯の制御が可能


そして「Candle Touch™」はスマートフォンにインストールしたアプリで最大10台までの「Candle Touch™」を一度に点灯させる事が可能になっています。

ですからもちろん、アロマセラピー等で一度に周囲に置いた「Candle Touch™」を点灯させたいと言う時にも便利ですが、例えばアロマキャンドルをそのまま使うのは勿体ないので、ロウを再充填して花火の際の種火として利用すれば、風が吹いて消えた時にマッチやライターを持って付けに回ると言う手間を省く事ができて良いのではないでしょうか?

また本体はベースユニットには充電用バッテリーが入っており再充電して何度も使えるほか、ベースの色はホワイト、ブラック、シルバーの他、プレミアムカラーとしてカーボン、ウッドの2色が+$10で用意されていますので、もし興味を持たれた方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/candletouch/candle-touch-the-first-smart-connected-real-flame-candle

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です