DIY&Tools

キットで驚くほど安い二足歩行型ロボット「Ai.Frame」

Kickstarterで二足歩行ロボットのプロジェクトが開始された。

最近、あまり見なかったジャンルなのだが、スペックと値段にびっくり。

恐竜型のもので9間接。ボディーは木。値段は安いもので$179
人型のもので16間接。ボディーは3Dプリンター成型のボディーフレームで$269

と考えられない安さ。ボディーが3Dプリンター整形なので、強度が心配だが、Kickstarterでの募集が成功
すれば全てのボディーのstlデータやPCBデータ等々全てをオープンソース化するとしているので、
公開されたデータを元に自分でボディーをデザインできたりして、面白そうだ

制御ボードはArduinoで、それにPSコントローラー改造っぽいコントローラーも付属する

またオプションで超音波センサーや赤外線センサー、ジャイロ等も用意されており、
サーボのキャリブレーションを行ったり、モーションを作ったりするソフトも自前で用意されている
またiOS/Android用のアプリも用意されており、端末からのコントロールも可能になっている

それにしても一昔前、今でもそうだが、10万円くらいかけて二足歩行ロボットを作っているのに
それが1/3くらの値段で作れるのだから、いい時代になったものだ

気になる人は下記URLへGO!!

https://www.kickstarter.com/projects/1619211863/aiframe-age-of-humanoid-robot

DIYで作るレーザー彫刻機「Laser Cube」前のページ

ペン先1.9mmのタブレット用スタイラスペン「DotPen」登場次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    手袋をはめていても反応する指輪からニョキと飛び出たポッチがめっちゃ魅力的なBluetoothコントロ…

    音楽を聴きながらのトレーニングってみなさんよくされると思いますが、今の…

  2. Newガジェット

    発電機かな?と思っていたけれど、使い勝手の良さなら合計最大出力2200Wポータブルバッテリー「Ele…

    近年の大規模な自然災害ではライフラインの中でも1番復旧の早いと言われて…

  3. Newガジェット

    靴に装着してランニング分析に使えるセンサー「runScribe」

    ランニングフォームを細かく分析しようと思うと、トレッドミルの上でマーカ…

  4. Newガジェット

    インテリアとしても使えるLED照明にもなりスマホもワイヤレス充電可能なボトル型モバイルステーション「…

    みなさんが使っておられるスマートフォンの充電器がもうちょっとオシャレだ…

  5. Newガジェット

    え!?液晶画面の上をホンモノの針がカチカチと動いているスイス製スマートウォッチ「ZeTime」

     スマートウォッチが各社からこぞってリリースされた2〜3年前というのは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP