Newガジェット

なぞるだけで衣類に付着した汚れが見る見る間に取れてしまう超音波シミ抜き「VIFIO」

衣類に付着した汚れを取る際に、超音波シミ抜きって使った事はありますか?
超音波を使った染み抜きは、水で濡らした衣類に高速で振動する振動子と呼ばれる金属板を当てる事で、振動子の周りの水分を弾き飛ばし、飛ばした水滴が繊維に当たって弾け飛ぶ際の衝撃を利用して、汚れを弾き飛ばします。

そして超音波を使ったシミ抜きは洗剤等は使いませんので、今回紹介する「VIFIO」もそうですが、ポータブルなものはレストラン等で食事中に衣服にソースが付着したなんて言う様な時には、洗面所ですぐに汚れを取る事ができますので非常に便利です。


12Wの超ハイパワー


今回紹介する超音波シミ抜き「VIFIO」は出力12Wと言う非常にハイパワーな振動子を使っています。
これは同ジャンルの製品の中では他に類を見ないパワーで、当然パワーが強いと言う事は振動子によって引き起こされる振動のパワーも強く、この振動子が引き起こす振動によって弾き飛ばされた水滴のスピードは当然ながらより早くなりますから、汚れを弾き飛ばす威力、パワーも上がりますからシミ抜きもスムーズにより早く済ませる事ができます。

そして、振動子の先端が平ら、長方形になっているのもポイントの1つで、これだけ振動子の幅が広ければ一度にシミ抜きできる面積も広くなりますので、シミ抜きの時間を短縮する事ができます。


安心のIPX7防水


次にこの「VIFIO」はIPX7防水になっています。IPX7防水は水深1mの深さに30分浸けておいても大丈夫だと言う証で、特に洗面所などでシミ抜きをしたりすると誤って水を張った洗面所に落としてしまったりする事も有り得ますので、防水であると言う事は非常に安心です。

またシミ抜きをする際にも、例えば水を薄く張った洗面器に衣類を浸け、そして「VIFIO」の先端を水の中に浸けてシミ抜きをしてやればもっと早くシミ抜きが出来ますが、それを他の同ジャンルの製品でやってしまうと防水ではない本体の中に水分が入ってしまって故障したりしないかと言う心配がありますが、この「VIFIO」ならIPX7防水なのでそう言った心配も不要です。


最大100分の連続使用が可能


そしてこの「VIFIO」には2200mAHもの大容量バッテリーが搭載されており、1回の充電で何と100分もの連続使用が可能です。
これが同ジャンルの他の製品だとせいぜい30分前後ですので、小さなシミでしたらすぐに取れて問題ありませんが、広範囲についてしまったコーヒーやワインのシミなどはそんなに早くは取れません。
また繊維の奥深くに染み込んでしまったシミは、擦っては水で汚れを洗い流してまた擦ると言う動作を繰り返ししなくてはいけませんが、この「VIFIO」なら最大100分も使えますので、途中でバッテリー切れを起こして作業を中断しなければならないと言うこともほぼほぼ起こらないので便利ですので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1414108506/mini-ultrasonic-washing-machine

テスラ モデルYオーナーの方で車中泊をしてみたいと言う方に超オススメなエアベッド「Aerogogo Shield Y」前のページ

両端レーザー照射により距離計測が楽に出来るだけでなく分割も簡単に出来るレーザー距離計「DP20」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    日が落ちるのが早くなったこの時期に是非とも被って欲しい被視野性の高い自転車用ヘルメット「FARO」

    めっきりと寒くなっただけでなく最近は日没の時刻も早くなり、学校や会社か…

  2. Newガジェット

    頭の温度をコントロールする事で上手に睡眠をコントロールするウォーター枕「Moona」

     もうあの寝苦しかった熱帯夜もどのかへ行ってしまった様で、最近は朝晩は…

  3. Newガジェット

    硬度9H、厚さ0.26mmのスクリーンプロテクター「KABLAM」

    Kickstarterで見つけた、保護フィルムの性能がすごいプロモ…

  4. Newガジェット

    MagSafeよりも高速にiPhoneを充電するワイヤレス!?充電システム「Magfaster」

    iPhone12シリーズと共に発表されたMagSafeは我々を非常に魅…

  5. Newガジェット

    車のタイヤであっても同等製品の倍のスピードで空気の注入が可能な電動オートマチック空気入れ「ZETTA…

    10年ほど前の電動空気入れと言えば、車のシガープラグから電源を取り、け…

  6. Newガジェット

    背負えばバックパック、板を出せば電動スケートボードになる「Movpak」

    通勤や通学の時にバスや電車と言った公共交通機関を使う人は多いかと思いま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP