Bluetoothワイヤレスイヤホンとスマートウォッチの移植のコラボレーション「Wearbuds」

最近のワイヤレスイヤホンの多くは充電機能を持ったケースに入っているのが普通で、もう自宅や職場で直接USBケーブル等を接続して充電する様な製品はほぼありません。
しかも充電機能付きのケースがなければワイヤレスイヤホンは充電する事ができませんので、充電する為だけにケースを持ち歩かなくてはならず、バッグを持たずにポケットに全ての荷物を詰めて出掛ける様な方にとってはポケットの中で嵩張る邪魔な存在となります。

ただ持たなかったら持たなかったでワイヤレスイヤホンの充電が切れるって事もよくある事なんですよね。

そこで今日はワイヤレスイヤホンとスマートウォッチがコラボレーションした、どちらがメインなのか、どちらもメイン的扱いなのか一石二鳥的なガジェット「Wearbuds」をご紹介致します。

左右からつまむとポップアップするワイヤレスイヤホン

この「Wearbuds」はワイヤレスイヤホンを内蔵する事で、スマートウォッチとしては非常にデカくちょっと好みの分かれる所ではありますが、「Wearbuds」を左右からつまむ事でポップアップするイヤホンのギミックはちょっと先進性さえ感じさせますし、イヤホンを「Wearbuds」に戻した時の充電アニメーションや、ワイヤレスイヤホンの充電状態を表示する機能などもありますので、非常に便利です。

見た目だけじゃない、音質にも拘りが

そしてこの「Wearbuds」はただスマートウォッチとワイヤレスイヤホンを合体させ奇抜さを狙っただけではなく、音質にもしっかりとした拘りを持っています。
まずドライバーにはグラフェンスピーカーと言って、100Hz〜10kHzまでのどの音域、周波数でも同じフラットな再生能力を持った最新のスピーカーを搭載しているだけでなく、雑踏の中でもコンサートホールの中の様な静けさを演出する事のできるパッシブノイズキャンセラー、そしてBluetooth5に対応したクアルコムのBluetoothチップを搭載する事で、ハイレゾ音源の再生にも対応したapt-xプロファイルを搭載するなど、音質面でもかなり期待させられるスペックとなっています。

スマートウォッチとしてはスタンダード

そしてスマートウォッチとしてはハートレートセンサーを内蔵し、一般的なスマートウォッチ同様にアクティブトラッカーとして機能する他、Bluetoothでスマートフォンとペアリングしている事で電話の着信やメッセージの通知等をバイブレーションと共に「Wearbuds」のモニターに表示してくれますので、スマートフォンを常にバッグの中に入れている様な方でもメッセージを見逃す事はありません。

また気になるバッテリーの持ちはワイヤレスイヤホンを1日にどれだけ使いワイヤレスイヤホンを充電するかによりますが、ほぼ毎日充電は欠かせないと思った方がベターです。
ただ充電は0%からのフル充電で90分しかかかりませんので、朝にでも気が付いて充電すればほぼ大丈夫ではないでしょうか?
また詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/aipower/wearbuds-unique-on-wrist-charging-hi-fi-earbuds

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です