ポーチはスマホやタブレットスタンドになる、3.5mm厚の極薄ポータブルキーボード 「SLIM-FOLD Keyboard」

タブレットやスマートフォンで長文を入力する様な場合、ソフトキーボードを使うと画面の2/3は隠れてしまいますのでキーボードやマウスがある方が作業的には断然はかどります。

そこでどの様なキーボードやマウスを選ぶかですが、例えばiPadであればMagic Keyboardの様にメーカー純正のものの方がキーボードカバーになるなど親和性が高く非常に使い勝手と言う点においては良いのですが、価格もそれなりに高いので考えます。

一方サードパーティー製のものを見ると非常にたくさんのキーボードやマウスがあり、何を基準に選んで良いのか分からないのがみなさんの本音なのではないでしょうか?

そこで今回は超薄く、キャリーポーチが付属し、iPadやiPhoneだけでなく、Android、Windows、iOSと3つのOS別の設定があるちょっと特殊なポータブルキーボード「SLIM-FOLD Keyboard」をご紹介致します。


最薄3.5mm、二つ折りキーボード


この「SLIM-FOLD Keyboard」は最薄部は何と厚さ3.5mmと何と100円玉2枚分の厚みしかい所です。
キーの出っぱり部分を入れても5.3mmしかありませんので100円玉3枚分、2つ折りにした状態では100円玉約6枚分以下ですので200ページ程度しかない文庫本の厚み程度しかありませんので、上着のポケットに入れても持ち歩けます。

そしてこの厚み、薄さでバッテリーの連続使用時間は85時間ですから、どの様な使用条件にも合う設計になっていますし、キーも65キーな上にスペースキーも二つ折りされる為か下部のセパレートして左右それぞれに設置されているなど、使い勝手的には普通のキーボードと何ら変わりません。


3OS対応キーボード


そしてこの「SLIM-FOLD Keyboard」はiOS(MacOS)の他にWindows、そしてAndroidOSと3つのOSに対応しているのが特徴的です。
通常、Windowsのみと言うキーボードが多く、デスクトップやノートPC用キーボードでは特殊キー位置等の関係によりWindowsとMacOSの2つのOSをサポートしているものが多いのが一般的です。
またタブレットやスマートフォンになるとiOS(iPhone + iPad)とAndroid対応になるのですが、この「SLIM-FOLD Keyboard」はそれにプラスしてWindowsにも対応しているため、デスクトップやノートPC用のBluetoothワイヤレスキーボードとしても利用する事ができます。
では対応するOSが書いてないと使えないのかと言いますとそうではなく、特殊なキー、ファンクションキーなどの扱いが各OSで違いますので、キーを押した時にあれ?動作が違うと言う事になるのですが、この「SLIM-FOLD Keyboard」で言うならば、Windowsで使うのかAndroidなのかiPadなのかMacなのか、事前に選択しておく事でキーを押した時の違和感を無くす事ができますし、特殊キーもそのまま専用キーボードと同じキー位置で使えますので便利です。


ポーチがスタンドに


そしてこの「SLIM-FOLD Keyboard」はキーを表側にして二つ折りになるため、そのままバッグ等に入れたのではホコリの餌食になるだけでなく何か書類の束や本、その他小物類にキーが引っ掛かりキートップが外れたり最悪は壊れたりと言う事が考えられます。

そう言う事をこの「SLIM-FOLD Keyboard」では無くす為にキーボードを入れて持ち歩く為の専用ポーチが付属しているのですが、このポーチがとても機能的で、蓋を開くとその蓋の部分に折れ曲がり線がついており、折れ曲げると何とタブレットやスマートフォンを立てかけられる様になっていますので、キー入力操作もノートPCを使っている感覚で行う事ができます。

そんな「SLIM-FOLD Keyboard」には超シックなブラックバージョンと、超カラフルなイエローバージョンがラインアップされており、イエローバージョンは更に特殊キーにレッドやブルーカラーのものも使われていてとてもオシャレですので、もし興味を持たれた方は詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/mipowusa/35mm-worlds-slimmest-foldable-wireless-smart-keyboard

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です