Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」

いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」

 ドリップコーヒーを飲もうと思うと今は手軽にコーヒーカップにセットしてお湯を注ぐだけで手軽にドリップコーヒーが楽しめる使い捨てのペーパードリップ式のコーヒーやカセット式のコーヒーがありますが、どのコーヒーも焙煎して挽いた豆で入れる本格的なドリップコーヒーなのですが、いわゆるモカであるとかキリマンジャロであるとかコロンビアであるとかブルーマウンテンであるとか既に限りある種類の中から選ぶしかないのが現状で、こだわりをもってこの店のこの豆と決めている人にとってはなかなか妥協するのが難しいものもありますが、かと言ってコーンとフィルター、そして豆を容器に入れて会社へ持って行って一人だけ給湯室でコーヒーを淹れて飲むのも何だか気が引けますが、かと言って毎回同じオフィスの同僚にコーヒーを振る舞うのも大変ですが、この「BRuX」なら別にペーパーフィルターと豆だけを持って行けばよく、見た目はちょっと変わったデザインのマグって感じなので内緒で休憩時間に給湯室で自前のコーヒーを淹れても気付かれません。

 ではこの「BRuX」はどう言うマグなのかと言いますと、大きさは直径4インチ(約10cm) ×高さ5インチ(約12.7cm)のちょっと大きめのマグになり内容量は20 oz (566cc)と、スターバックスのベンティサイズとなります。そして「BRuX」の特徴は何とマグの中にコーン(ペーパーフィルターをセットする土台!?)が内蔵されているのです。

そしてドリップする時はこのコーンをおもむろに引き出してペーパーフィルターをセットして挽いた豆を入れて、後はいつもの様にお湯を注ぐだけです。

 お湯を注ぎ終わればペーパーフィルターを取ってゴミ箱に捨ててコーンをそのまま押し込んで元に戻して蓋をすれば出来上がりなので、コーンはマグの中ですからまさか本格的に自宅から持って来た豆を使ってコーヒーを淹れたなどと誰も思いませんし、蓋をしていますからマグの中に押し込んだコーンは外から見る事はできませんし、しかも蓋をする事で冷めにくくなりますので、急いで冷めるからとベンティサイズのコーヒーを飲み干さなくてもokです。

 そして飲み終わった後は給湯室でマグからコーンを取り出して水洗いをして吹き上げておけば、いつでもコーヒーを淹れる事ができます。

 また朝、バタバタしている時など、コーヒーを淹れたのに飲めずに出かけてしまう様な人もこのマグを使えばそのままコーヒーを持って出る事ができますし、出かける時の洗い物もなくマグは魔法瓶の様に真空断熱になっていますからすぐに冷めてしまう事もありませんから一石二鳥ですし、これからは好きなフレーバーのコーヒーをいつでも周りの目を気にする事なく楽しむ事ができますよ。なお詳細については下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/klip/brux-a-personal-coffee-brewer-bottle

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
https://meiya.jp/wp-trackback.php?p=24216
Listed below are links to weblogs that reference
いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | クッキング > いつでもどこでもオリジナルブレンドコーヒーをドリップして飲めるマグカップ「BRuX」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。