見た目は”Dyson Supersonic”とソックリで風量5段階、温度3段階に切替可能なモバイル・ヘアドライヤー「SYLPH」

 あのダイソンがリリースしたヘアドライヤー”Dyson Supersonic”を一度でも使ってみると、もう普通のヘアドライヤーには戻れませんとは聞きますが、確かに試しに使ってみるとその風量の多さに圧倒され、やはり髪を乾かすには風が大事なんだな、と言う事がよくわかります。
 と言いますのも部屋干した洗濯物が良い例です。そのまま吊っておくとなかなか乾きませんが、扇風機やサーキュレーターを使って風を当ててやる事で早く乾きます。これは衣類から蒸発した水分が水蒸気となって回りの空気と混ざり合うのですが、もし無風ですと空気の移動がない為に湿度が100%に達すると、回りの空気は水蒸気で飽和状態(満員な状態)になっているため、それ以上、水蒸気となって衣類に含まれた水分は出て行かない為になかなか乾きませんが、風を当てて洗濯物の回りの空気を移動させてやる事で洗濯物の回りの空気の湿度が下がり洗濯物に含まれる水分が蒸発し安くなって早く乾くと言う事なのです。
 それは髪の毛も同じで、髪の毛と髪の毛の間に含まれている空気が風によって移動しなければいくら高温の温風を送ってもなかなか乾く事はできませんが、それを羽根のない扇風機で蓄積した技術を応用して作られたドライヤーが”Dyson Supersonic”で、それと似た構造にしてモバイル性を良くしたのがこのヘアドライヤー「SYLPH」です。


 では”Dyson Supersonic”の何が良いのか?それは圧倒的な風量です。新しくなった”Dyson Supersonic”は風量が3段階、温度が4段階で調整できて最大100℃の温風が出る様になったのですが、”Dyson Supersonic”は普通のドライヤーであればヘアブラシであったり指を使って長い髪の毛を掻き上げないと地肌まで風が届かない様な髪であっても”Dyson Supersonic”はブラシも指も使わずに”Dyson Supersonic”が吹き出す風を当てるだけで強風に吹かれてたかの様に髪の毛が棚引いて地肌まで風が届いて髪の毛を乾かしてくれます。

 それと同様にこの「SYLPH」も最大秒速19m(実際であれば屋根瓦が飛ばされる程度)の強風で髪の毛をかき分けて乾かしてくれます。しかも重さはケーブル含めて820g、大きさは直径50mmの高さ174mmと言う細長さなので、通勤バッグの底に入れておけば、仕事帰りに何か食事会やパーティーがあったとしても髪の毛もしっかりと整えて出る事ができます。

 そしてこの「SYLPH」は温度は59℃、78℃、92℃の3段階で調整ができ風量は”Dyson Supersonic”よりも細かい5段階です。これは乾かす事もそうですが、髪のセットの方に重点を置いているのがわかります。髪を乾かすには温度よりも風量ですが、髪の毛をセットする場合は高温の風を低風で当ててやった方がすぐにクセがつきます。また、セットをし易くする為に風のながれを一方向に集めて当てる為にマグネット式のアタッチメントもオプションで用意されており、専用のポーチに入れて持ち歩く事もできます。

 その他にもマイナスイオン発生器が内蔵されていますので、髪の毛を乾かしていたら空気との摩擦ですぐに静電気がたまって髪の毛が飛んでしまうと言う方でも、マイナスイオンでしっかりと静電気を除去してくれますのでしっかりと髪の毛を整えてくれます。

 またその他にこの構造だからなのか、長期間使用しているとエアーの吹き出し口にホコリ等がどうしても詰まるのだそうです。そうなると空気が逆流して「SYLPH」そのものを温風で加熱して壊してしまう事もあるそうなので、何と自動で風を出して吹き出し口に詰まったホコリ等を吐き出す自動クリーニングモードがあるそうなので、「SYLPH」の近くに固まったホコリが落ちていてもビックリしないで下さいとの事ですので、この「SYLPH」に興味を持たれた方は是非下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/sylph/x/7929074

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/78243

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です