最大1年間も充電フリーで監視し続ける事ができるワイヤレスセキュリティーカメラ「EverCam」

みなさんはセキュリティーカメラについての関心はありますか?
物騒な世の中なので我が家にもセキュリティーカメラが欲しいと思われている方は多いかと思いますが、設置の問題や価格で二の足を踏まれているのではないでしょうか?
セキュリティーカメラの場合、どうしてもドアセンサーの様に開閉した時にだけ動作するのではなく、常時映像を撮影していたり、常時撮影してはいなくても移動物体を検出した際には必ず撮影しその映像を録画したりネットワークを経由して配信したりしますので、人通りの多い場所に向けて設置するセキュリティーカメラの場合はどうしてもそれだけ消費電力が多くなりますので、とてもバッテリーだけではそう何日も撮影する事は不可能です。

ですからどこからか電源を引っ張って来なければ連続して使う事なんてできる訳はなくそれがネックとなるわけですが、今回紹介するワイヤレスセキュリティーカメラ「EverCam」は何と最大1年間!!365日も内蔵バッテリーで撮影し続ける事ができますので、気軽にどこへでも設置する事ができるのです。


ですから、ちょっと最近になってどこかの犬が玄関先にをトイレにしているみたいで汚物が毎朝落ちているんだけど、それをちょっと撮影したいと言う時に、両面テープでも壁に貼り付けられるマグネットベースを壁にさえ貼り付けてやれば、どの様な場所にでも設置する事ができるのがこの「EverCam」で、もちろん防水なので雨に濡れる様な場所に設置しても大丈夫です。

しかもマグネットベースは半球状になっており、カメラ側のマグネットも半球状になっていますのでカメラの設置角度も自由自在!!貼り付けるだけなので誰にでも設置する事ができるのが魅力です。

そしてこのカメラの魅力は1年間持つバッテリー(スタンバイ状態で置いておけば何と3年間充電フリーです)なのですが、片手に持てる大きさの中に到底1年間も可動し続けるだけのバッテリーが搭載されているとは思えません。ですが実際に1年間とはいかないまでも(カメラの前をどれくらいの人が毎日行き交うかにもよります)それに近い期間充電フリーなのは間違いありません。

それには涙ぐましい省電力設計が功を奏しているのです。

まずこの「EverCam」ではカメラ部と本体が分離されており、カメラと本体の間は省電力通信にてよって結ばれ、本体からWiFi経由でカメラが捉えた動画をライブストリーミングで接続したスマートフォンやタブレットへ配信したりや、本体のmicroSDカードに記録された動画を接続した端末へ送る様になっていますので、カメラは撮影以外の仕事をしない様な設計になっていますのでその分バッテリーの節電になっています。
ただ本体は電源が必要なのでカメラとの通信が可能な室内に設置する必要がありますが、2日分のバッテリーを持っていますのでもし停電時にカメラが泥棒を捕らえたとしたら、それを見逃す事はなくしっかりと記録します。

更にこの「EverCam」には顔認証技術が取り入れられており、事前に家族やよく来訪する友人、信用できる宅配のドライバーや郵便局の配達員の様な方々の顔を予め学習させておく事で、登録された人を検出した場合はカメラが捉えた映像を本体に送らないと言う仕組みになっていますので、それも省電力化に寄与しているわけです。

この様に無駄な録画を省く事でこの「EverCam」は365日稼働を実現しており、バッテリーの充電忘れで肝心な泥棒の姿やピンポンダッシュの犯人の顔を見逃さない様に設計されているわけです。

ちなみに動作可能温度は-20℃〜50℃なので雪深い地方でも安心してお使い頂けますので、もし気になられた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1116368506/evercam-the-wirefree-security-cam-with-365-day-bat

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79969

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です