iPhone&Android(USB-C)&PCで使用可能なMFi認定バックアップメモリ「iKlips C」

iPhoneは言うまでもなく、最近のAndroidスマートフォンも防水機能強化の為にmicroSDカードが挿せない様になっている為に、スマートフォンにたまった画像や動画をバックアップするにはPCやメモリーが欠かせません。

その中で1番手軽なのはメモリーで、iPhoneやAdnroidスマートフォンの外部接続端子に差し込むだけでメモリーを認識してアプリが自動的に立ち上がり、自動的にバックアップしていないファイルをバックアップしてくれます。
また最近はUSB充電器にmicroSDカードリーダーが内蔵されており、充電する際にmicroSDカードにバックアップすると言うデバイスも出て来ており、こちらはmicroSDカードがいっぱいになれば交換する事ができるので便利です。

ただmicroSDカードはカードの選び方を間違うと(Class10やUHS-Iと言った規格)、非常にバックアップに時間がかかるので、急いでバックアップしたい様な時には待たされるのでイラッとしたりしますが、メモリーが予め内蔵されたものは比較的快適にバックアップする事ができます。

そこで今回はメモリーの交換はできませんが、今現在、1番快適に使えるバックアップメモリ「iKlips C」を紹介致します。


安心・安全なMFi認定


”MFi”と言うのは”Made For iPhone  | iPad”の頭文字を取っており、AppleがiPhoneやiPadで利用する際に安心・安全に使える事を認証した証で、Appleのサイトで本当に認証を受けているのかを確認する事のできるお墨付きの様なものです。
ですから充電ケーブルでもMFiを受けたものは高価ですが、100円で買ったケーブルの様に1週間も経たない間に充電できなくなると言う様な事は決してありませんし、Lightning充電ケーブルであればAppleが正規のコントロールチップを使用する事を許可し、正規品を使っていますのでケーブルがiPhoneを壊すと言った様な心配も不要です。

そしてこの「iKlips C」はLightningコネクタの他、USB-C(従来の製品はmicroUSBかUSB-A)を備えており、iPhoneからiPad Proへ画像や動画をシームレスにコピーすると言った作業を行うのに便利です。


iPhoneとAndroidのデータの受け渡しが高速で楽


そしてこの「iKlips C」は前述した様にLightningとUSB-C端子を備えています。
同ジャンルの従来製品ですとUSB-CではなくUSB-AであったりmicroUSBでしたので、iPhoneからAnroidスマートフォンへファイルを渡す、AndroidスマートフォンからiPhoneへと画像や動画ファイルを渡すと言った場合にファイルサイズが大きいととても時間がかかってコピーできているのか不安になったりもしましたが、この「iKlips C」はUSB-CですのでAndroidスマートフォンにもよりますがmicroUSBと比べると2〜4倍高速にファイルをコピーできるので、ストレスがたまりません。

ここでLINE等のメッセージアプリやファイル交換アプリを使えばタダでファイルの交換ができるじゃんと思われる方もおられるかもしれませんが、LINEでは動画や画像のサイズは圧縮されて原寸のままでは送れませんし、BluetoothやWiFiを使った直接転送も、途中で電波が途切れると再送となる為に非常に時間がかる上にファイルを直接するのに比べてやはり何倍も転送するのに時間が必要な為、メモリーを使った方が確実かつ高速です。


FaceIDやTouchIDでロック


そしてこの「iKlips C」にはパスワードをかけて画像や動画、その他ファイルを暗号化して記録する機能も持っていますので、他人が自分のスマートフォンに差しても見られません。
しかも自分のスマートフォンに差した時にFaceIDやTouchIDでロック解除する様に設定しておけばパスワードを盗み見られる事もないので更に安全ですし、生体認証でアンロックできますのですぐにバックアップしたい時に暗証番号の入力で戸惑ってなかなか先に進めないと言う事がないも便利な点です。

そしてこの「iKlips C」には128Gと256GByteの2つの容量タイプが用意されており、初期ロットにつきメッセージや名前入れサービスも用意されていますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/adamelements/worlds-first-apple-mfi-certified-usb-candlightning-flashdrive

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です