寝ている間も首を真っ直ぐに保つ事で肩凝りや首凝りを低減する健康枕「True Pillow」

睡眠についてあなたは深く考えた事はありますか?
よく、夜中に何度も目を覚まして寝られないからと枕や敷き布団をよく買い換えると言う方がおられる一方、寝たら朝になり目が醒めるまで1度も起きないと言う方もおられます。

一体この違いは何なのかと考えると、1つ言えるのは寝返りが打てているかどうかと言う事です。よく寝たら寝返りも打たないで同じ姿勢でずっと寝続けられる方が健康的であると勘違いされている方がおられますが、実際は逆で何度も寝返りを打って姿勢を変えている人の方が健康的なのです。
その例が子どもです。子どもはよくゴロゴロと動きますが、あれは生まれつき寝相が悪いとかそう言うレベルのものではなく、しっかりと感覚器官が働いて回避行動を取っている証なのです。
つまりそれはどう言う事なのかと言いますと、よく正座した時に足が痺れると言う方がおられます。これは総腓骨神経と言う神経が圧迫される事による一時的な神経麻痺もありますが、長時間圧迫する事で血流が悪くなる事でも引き起こされます。つまり同じ姿勢で寝ていると同一ヶ所が圧迫されており、血流が悪化して来ますので(最終的には褥創(床ずれ)になったりもします)無意識のウチに寝返りを打って血流の悪化を防いでいるのです。

ですから身動きせずに寝ていると目覚めた時に身体が硬く感じる(血流が悪化した部分の筋肉が拘縮して硬くなっている)のはこの為です。

そこで今回紹介します特殊な形状をした「True Pillow」は仰向けに寝ると一見頭が穴にはまり込んで固定されて動けない様に見えるのですが、寝返りのし易さを追求した枕となっています。


この「True Pillow」の特徴は何と言っても後頭部から背中に伸びるスロープの様な傾斜で、この傾斜がある事で様々な効果をもたらします。

では具体的にどう言う効果があるのかと言いますと、第1に寝ている間の首への負荷がゼロであると言う事です。通常、枕が高くなればなる程、頭が持ち上げられる事で顎が下がり気道が塞がって呼吸がし辛くなったり、首と布団との間に広い空間ができ首は重力で下に引っ張られるので、その張力によって首の筋肉が過度に伸ばされる為に首の筋肉が緊張し血流が悪くなって寝ている間に首が凝ると言う症状が出て来ます。

ところがこの「True Pillow」は後頭部から背中に伸びる緩やかなスロープが首全体を支える構造になっていますので、結構高さのあるこの「True Pillow」でも本来なら仰向けになって寝れば首が凝るはずなのですが、逆に首が凝る等と言う事が起こらない様になっています。

更に言うならスロープの部分の硬さと頭が乗る部分のクッションの高さが変えてあり仰向けに寝ると、ちょうど人工呼吸する際に取る姿勢の様な首を持ち上げて気道を確保する様な姿になりますので、寝ている間の呼吸がし易いと言うメリットもあります。

次に寝返りですが、再度部分が盛り上がってはいるのですが、クッション性が高いの寝返りを打った時にその高さが寝返りを邪魔する等と言う事は無く、逆に成人の方の肩幅と同じくらいの高さのある「True Pillow」は首元のスロープと共に、首を真っ直ぐにした状態で寝返りを打つ事ができますので、非常に楽に寝返りを打つ事ができるだけでなく、肩幅ほどある「True Pillow」の高さのおかげで肩にかかる負荷(体重)がほぼなくなり、寝ている間に頭の重みで肩が凝ると言う様な薄い枕で起こる様な症状が起こらない様になっています。

しいてはこの「True Pillow」を使う事で身体をちょっと捻るだけで寝返りを打つ事ができますので、今までの様に一度頭を持ち上げて体勢を変えていると言う様な時と比べるとほぼ無意識の間に寝返りができますので、熟睡を邪魔される事がなく、しかも横向きで寝ている間の肩の圧迫もありませんので肩凝りにもならない枕ですので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/spineperfect/fix-your-posture-while-you-sleep-with-true-pillow

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/79861

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です