持っているだけで超安心、泥水も綺麗に濾過して飲料水に変えるトレッキングポール「PURTREK」

今年の夏は非常に暑く、山へハイキングやトレッキングへ行かれた方もいつもなら涼しくて、それ程水分補給しなくてもよかったのに今年は持って行った水分が足りなくて湧き水や川の水で喉の渇きを癒やされた方も多いかと思います。

ただその水も、いくら山の中で染み出していたり、川となって流れている水でも、場所によっては見た目は綺麗でも細菌やウィルスが混入している事もありますので、たまたまお腹を壊したりしなくても、体調やタイミングでお腹を壊したり、体調を崩したりと言う事はよくあるのですが、できればそんな事は避けたいですよね。

そんな時に安心して飲める水に変える事ができるトレッキングポール「PURTREK」を今回はご紹介致します。


トレッキングボールと言うのはスキーで使うストックの様なもので、野山を歩く際にポールを通して手の力を地面に伝え第2の足として利用できるもので、両足だけにかかる負担を手に分散できる事から、野山を移動する際には年齢関係なく使われるとても便利なトレッキング・ガジェットです。

そのトレッキングポールに浄水用のフィルターを内蔵し、トレッキングポールの先から水を吸い込み、トレッキングポールに内蔵されたフィルターで汚れた水を浄水して飲める水に変える様に作られたのがこの「PURTREK」です。

ですからこの「PURTREK」はトレキングポールと言うハイキングやトレッキングに不可欠な道具と一体化する事で、携帯するのを忘れる事がない様にしまた、浄水器の様にバックパックを嵩張らさせたり重くしたりする事がない様に工夫されています。

更にトレッキングポールと合体させる事で、グリップの部分がちょうど空気入れのシリンダーの様に上下させる事で水を吸い上げる様になっていますので、口にホースを咥えて吸い上げなくても水を濾過する事ができる為に、持っている水筒に濾過された水を貯める事ができる様になっています。

そしてフィルターは我々が日常的に使っています浄水器に使われているフィルターを使い、ウィルスやバクテリア、細菌までをも除去して安心して飲む事のできる水を作るだけでなく最大500Lの水を濾過する事ができますので、災害時に浄水場がダメージを受け上水の給水が止まった場合でもドロドロに濁った川の水を濾過して飲める水に変える事もできますので、非常用の浄水器としても使えますので、よく山へハイキングやトレッキングに行かれる方には是非オススメしたいガジェットとなりますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/purtrek/the-worlds-first-water-purifier-and-trekking-pole

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です