Scan-Speak社のドライバーを内蔵し音質にも拘ったAndroidTVプロジェクター「Nebula Capsule II Projector」

狭いワンルームマンションに住んでいると、大きな液晶テレビは場所を取って邪魔になる上にテレビ番組は見ないからと、テレビを持たない方が最近は増えており、何か興味のあるコンテンツを見たい時はスマートフォンでNetflixやFulu、AmazonプライムビデオやYoutubeと言ったメディア配信サービスを使ってスマートフォンで楽しむと言う方が増えています。
ただ、スマートフォンの場合は画面サイズが小さく映画などを楽しむ場合でも臨場感は殆どなく、タブレットでも大きくて12インチサイズ程度ですから少し視線をズラすと部屋の様子が目に飛び込んで来て現実に戻されて一気に興ざめします。

そこで今回は狭い部屋でも大画面で迫力のある映像を楽しむことができるAndroidTVを搭載したモバイルプロジェクター「Nebula Capsule II Projector」をご紹介致します。


ところでAndroidTVと、スマートフォンに搭載されているAndroidOSとの違いはと言いますと、AndroidTVはテレビに搭載する事を前提にインタフェースがカスタマイズされており、電源をONにしてすぐに映像コンテンツを楽しめる様になっています。
ですから、トップメニューにはYoutubeを始めhuluやNetflixと言った映像配信サービスのアプリケーションが並び、付属のリモコンを使い音声で映像が検索できるなど、AmazonのFireTVと同じ様な事ができるのがAndroidTVで、Bluetooth接続のゲームパットが4台同時に接続できたり、GoogleがリリースしているAIスピーカーに搭載しているGoogleアシスタントと言う音声アシスタントエンジンも搭載しており、SonyのAndroidTVを搭載しているテレビ等はGoogleHomeでできる事がテレビでできる様になっています。

そしてこの「Nebula Capsule II Projector」は3時間連続使用可能なバッテリーを内蔵し、屋外でも最大100インチの大スクリーンで映像を楽しむ事ができる他、200ANSIルーメンと720pHDと言う高精細画像により、200ANSIルーメンの明るさですと部屋を真っ暗にしなければ本来なら映像がボヤけてハッキリと認識する事はできないものの、720pHDの画質で画素がきめ細かいので、一般的な480p画質のプロジェクターと比べると少しカーテンやブライドの隙間から光が差し込んで部屋の中が薄暗い状況下でも、他の200ANSIルーメンの明るさのプロジェクターとは違い壁に投影された映像はハッキリと被写体の輪郭や細か表情までわかる様になっています。

そして必見なのはこの「Nebula Capsule II Projector」にはデンマークのスキャンスピーク社のスピーカーを搭載している事です。
このスキャンスピーク社のスピーカーは世界中の有名なブランドがこぞって採用しているスピーカーで音質には非常に定評があり、この「Nebula Capsule II Projector」の音への拘りと言う事が伺いしれ、映画を鑑賞した時の迫力ある音の臨場感が想像できます。
また8Wのフルレンジスピーカーの他に2台のパッシブ・バス・ラジエーターを内蔵し、低音をより強調して迫力あるサウンドを楽しんでもらおうと言う心配りも見て取れます。

また置いてすぐにスクリーンや壁に投影して使える様にとセンサーによって自動的に投影された映像の歪みを補正する他、ピントもたった1秒で自動的に合わせるなど、客先に出向いてプレゼンテーションする様な場合でも、設置で相手を待たす様な事もありません。

またAndroidTVですので、Chromecastにも対応していますので、スマートフォンの画面をそのままAndroidTVで拡大してスクリーンや壁に投影できる他、Chromecastアダプタなどを使えば、PCのサブディスプレイとしても使えます。

そして充電端子にはUSB-Cを採用しわずか2.5時間でフル充電可能になっている等、最新の規格をフルに採用していますので、「Nebula Capsule II Projector」についてもっと詳細にお知りになりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/2099924322/nebula-capsule-ii-worlds-first-android-tvtm-pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です