Home > Kicstarter | Newガジェット | PC関係 > ウラウドサービスと連携するキースキャン速度1msecのキーボード「Das Keyboard 5Q」

ウラウドサービスと連携するキースキャン速度1msecのキーボード「Das Keyboard 5Q」

FPS(First Person shooter)と言うオンライン対戦のシーティングゲームで使用するキーボードを選ぶ際によく目にする比較項目と言えば”キーストローク(+キー反応)”、”キー荷重”の2つです。
キーストロークはそのキーがどれくらい沈むのか?またどれくらい沈むとキーが押されていると反応するのか?と言う数値が書かれています。
次にキー荷重はキーを押すのに必用な力で40gとか45cNとかニュートン単位で書いてあるキーボードもあります。これはFPSゲームでは常にキーの上に指を置いているのであまり軽いと指の重みで押すつもりもないのにキーが押し込まれて押されてしまっていると言う事がありますので、指をかけても沈まない、でもそれ程力を入れなくても押す事ができる微妙なキー荷重が求められます。

ですがいくらこれらキーが良くてもそのキーが押されているかどうかと言うデータをPCへ送るのが遅いとその分反応が遅れてしまいます。そのキースキャン速度を人間の反応スピード以上にオーバースペック気味に早くしたキーボードがこの「Das Keyboard 5Q」です。

この「Das Keyboard 5Q」は各キーにフルカラーLEDが組み込まれたキーを採用しPC(Windows、MacOS、Linux)にインストールしたソフトウェア(アプリケーション)からそのLEDの発光を制御する事ができるのですが、一番の特徴はそのキーのキースキャン速度です。

通常キーボードのキーはスイッチになっていて、コントローラーがそのキーが押されているかどうかを検出してPCへその情報を送ります。そのスキャンスピードは通常20~45m秒程度なのですが、この「Das Keyboard 5Q」は何とキーの入力の検出に0.4m秒、そしてPCにその情報を伝えるのに1m秒しかかからないのです。人間のスピードからすると20msecでも相当早いのですが、1秒、100msecの単位で優劣を決めるオンラインゲームの世界においてはPC本体や回線スピードが早いと言う事は必須条件ですが、それを操作するマウスやキーボードが遅ければ何にもなりません。
ですからマウスはまだ分解能を上げたり、キーの戻りを早くしたりキーにマクロ機能を付加したりと年々進化して行っているのですが、キーボードの方は便利な機能(マクロ機能であったりキーマップを変えられたり)が増える程度だけだったのですが、この「Das Keyboard 5Q」はキーボードのハードそのものに着目をし、キーはオムロンとの共同開発をしキー入力の検出、そしてそれをPCへと伝送するスピードをアップすると言うキーボードそのものの物理的なスピードアップを行う事で、世界最速の反応を誇るキーボードを作り出しました。

これで「Das Keyboard 5Q」がどれくらいレスポンスの早いキーボードであるかと言う事はご理解頂けたかと思いますが、「Das Keyboard 5Q」のメイン機能は早さではなくクラウド接続されたフルカラーLED搭載のキーボードだと言う所です。
では一体どう言う機能があってクラウドが関係して来るのかと言うと、キーそのものがインジケーターとして機能するのです。

例えばこの人のメールにはすぐに反応して返さないといけないと言う人がいたとします。今までならメールソフトでメールアドレスで専用のフォルダ振り分けて、そのフォルダに受信があったかどうかを随時チェックしたり、スマートフォンへ転送する様な設定をしておいて確認すると言った方法がよく使われますが、この場合メールソフトは自分でチェックしに行かなければならず、スマートフォンも見える位置に気付く様に置いておかなければ気付けませんからついつい集中していて仕事をしていると気付くのを忘れてしまう事もあります。
その場合、「Das Keyboard 5Q」制御用のアプリケーションを使ってそのメールアドレスからメールが届いたら”Q”のキーを赤で点滅させると言う様な設定をしておけばメールソフトをいちいち監視しておく必要もありません。キーボードが点滅しているのを確認するだけですし、キーボードならPCを使って作業をしていれば手元は見ていなくてもキーが点滅していれば意識していなくてもキーボードは視線の中に入っていますから自然と分かります。

その他にもIFTTTのサービスを使って、玄関のインターフォンが鳴ればIFTTTのサービスを利用してキーボードの”V”のキーが青とか赤に点灯する様にしておけばヘッドフォンをしてゲームをしていても来客に気付かないと言う事もありません。

この様にIFTTTの他にzaiperそして「Das Keyboard 5Q」専用サービス「[Q] Cloud」を使えばあらゆるサービスが(FacebookやTwitter等も)これらクラウドサービスを経由して「Das Keyboard 5Q」と繋がるのです。

その他にもクラウドサービスと繋がる他にマクロ機能も装備していますからゲーム用キーボードとしては早い、多機能で言う事ありませんよね。

詳細な機能に関しては下記URLをご覧ください 

https://www.kickstarter.com/projects/1229573443/das-keyboard-5q-the-cloud-connected-keyboard

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/75209

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://meiya.jp/wp-trackback.php?p=21698
Listed below are links to weblogs that reference
ウラウドサービスと連携するキースキャン速度1msecのキーボード「Das Keyboard 5Q」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | PC関係 > ウラウドサービスと連携するキースキャン速度1msecのキーボード「Das Keyboard 5Q」

New Topics

Return to page top