Newガジェット

水深200Mまでokな水中撮影専用4K1200万画素アクションカメラ「Octospot」

ダイビングを始めると次にやりたくなるのは水中撮影です。水中撮影がしたくてダイビングを始めると言う方もおられますが、水中撮影において一番危険なのは被写体に気を取られていて回りの状況が見えなくなる事です。
例えば海流です。海図上では潮流が描かれてなくても海水温の変化や地形の変化で潮流も移動しますから突然、被写体を追いかけていて流れの速い潮流に出会って流されてしまう事もないとは言えません。そう言う時にファインダー越しに被写体を注視していたのでは回りは全く見えませんし、撮影機材を両手に持っているといざ流された時や危ない時に咄嗟に機材を手放して回避行動を取れるかと言うと、やはり機材を手放すなんてできませんから両手が使えない状態で回避行動しなければいけませんから思う様にいきません。

ではどうすればいいのか?ファインダーを覗かなくても被写体を追いかける事ができ、手に持たなくても撮影できる様な高性能なカメラがあればファインダー越しに撮影するよりはずっと回りにも気を配る事ができてマシですよね。そんなダイビング撮影専用のアクションカメラがこの「Octospot」です。


さてこの「Octospot」の基本スペックですが、1200万画素、画角150°の広角レンズを搭載し4K撮影が可能です。そして画質は4k/30fps、1080P/100fps、720p/240fpsで1700mAhのバッテリーを内蔵し2時間の連続撮影が可能です。
また撮影した映像は内蔵する64GByteまでのmicroSDカードに記録する事ができますし、後からmicroSDカードをPCに入れて確認したり、GoProの様にスマートフォンからWiFiで接続して撮影した映像を確認したりする事ができます。
そして画質ですがさすがに暗い水中で撮影する事を考えてフレームレートは4Kこそ30fpsですが、1080Pなら100fpsとかなり細かいフレームレートに設定されていますので暗い所で撮影した時に特有の映像がボケたりゴーストの様になったり流れたりと言う事がない様にフレームレートを上げて鮮明な映像が撮影できる様に心がけています。

次に「Octospot」はハンズフリーでの撮影を可能にする為にマスクのベルトに挟むクリックマウントと呼んでいる独自のマウントシステムを搭載したクリップが付属しています。このクリップをマスクのベルトに挟んでおく事で「Octospot」はマウント部分が見えなくてもカチッと押し込む事で容易にマウントしロックされるので手持ちでの撮影もハンズフリーでの撮影もシームレスに状況に応じて変える事ができるので便利です。

またマスクに装着する事でちょうどレンズは目の横に位置する様になるので、自分が真っ直ぐ向いている目線の先を映像として記録してくれますからファインダーの必要はなく、またファインダーがなくても後から撮影した映像を確認した時に撮影する予定だったアングルとは違い撮影したかった被写体が撮影されていなくてガッカリすると言う事もありません。

次に操作ですが、トリガー(シャッター)はスライド式のマグネットスイッチなのでグローブをしていても容易にスイッチ操作をする事ができる様に工夫されています。


また静止画撮影や動画撮影のモード変更もクリック感のあるダイヤル式のスイッチを採用していますからこちらもグローブをしていても操作に支障がない様に設計されています。


そして撮影された映像ですが、これが水中カメラ専用として開発してあるだけあって水中撮影にカスタマイズされています。特にそれを感じさせるのは映像のホワイトバランスです。
例えばコップに入れた水は透明なのに海の水は青かったり緑だったりしますよね。これは波長の長い赤は水面で吸収されてしまい青や緑が水深く浸透して行くタメです。そのウチに波長の長い緑も吸収されて青だけが海深く届くので、光が届く範囲で水深が深いとだんだんディープブルーな色になって行くのです。ですから撮影された映像も水深が深くなると自然光の下では赤の成分がなくなって緑や青の世界になってしまいますが、それを水深40m地点で撮影した映像でもその水深を圧力センサーが読み取って、深度に合わせたホワイトバランス調整を行って映像を記録してくれますから水深が深くても浅くても水面直下にいる様な色合いに仕上げてくれます。

そして手ぶれ補正も水中専用にカスタマイズされています。と言いますのは空中では抵抗がありませんが水中は抵抗があります。この抵抗が加速度センサーを使った手ぶれ補正技術では空中とは違う挙動になってしまう為に空中の手ぶれ補正技術をそのまま水中に取り入れると逆に補正が効き過ぎて映像が更にブレてしまう事もありますからこの「Octospot」は電磁石を使ったスタビライザーシステムを取り入れて手ぶれ補正を行っています。

更に撮影した映像には「Octospot」には温度センサーと圧力センサーが内蔵されていますので、映像に重ね合わせて温度と水深を表示する事ができます。

今までGoProだと公称40Mまでokとスペックで書かれていてもちょっと恐くてそこまで潜って撮影には使えなかったと言う方も、この「Octospot」は200M保障ですから普通に潜水して撮影するには水深を気にする事はもうありませんよ。また水中ロボット等を使った撮影でも十分にその能力を発揮してくれます

またその他の詳細なスペックについては下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/octospot/octospot-worlds-greatest-action-camera-for-diving

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/75243

完全ワイヤレスフリーなインナーイヤー型Bluetoothヘッドフォン「FireFlies」前のページ

USB出力最大4.8A、AC最大出力120V100Wのモバイルバッテリー「Omnicharge」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    AppleWatchとAirPodsを同時充電可能なポケットサイズのUSB-C PD65W出力チャー…

    WWDCの開催が近くなって来るとAppleユーザーの中ではAirPow…

  2. Newガジェット

    150nitsのディスプレイを搭載する事で晴れた屋外でも見易く、AI秘書が搭載されたARグラス「Ra…

    VRゴーグルとARグラスの違いは何ですか?とよく聞かれるのですが、簡単…

  3. Newガジェット

    走行中の足の痛みを軽減する工夫が随所に施された走る人のためのランニングシューズ「Run Pain-F…

    みなさんは靴のサイズって足長(足の長さ)だけじゃないってご存じでしたか…

  4. Newガジェット

    物覚えが悪い、そんな貴方に紹介したいtDCS(経頭蓋直流刺激)を利用したヘッドセット「PlatoWo…

    世の中には様々が学習教材があります。特に昔からよくあるのは脳を活性…

  5. Newガジェット

    ハーマンカードン製ヘッドフォン採用の人工知能トレーニングサポートヘッドフォン「Vi」

    ダイエットの為に走り始めたけれど、今日は足が痛いから、今日は雨だからと…

  6. Newガジェット

    入った瞬間からポッカポカ!!寝袋を温めておく事ができる寝袋バッグ「Hot Pocket」

    みなさんは冬キャンプなどで寝袋の中に入ったのはいいのだけれど、なかなか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP