マグネット式キャップにした事で、初心者にありがちな3つの事を防止する万年筆「KOSMOS ink」

みなさんは近年、万年筆がブームになっているのはご存じでしょうか?
万年筆は非常に扱いが面倒と言うイメージがありますが、ボールペンに比べて細い線が書ける上にトメ、ハネ、ハライが非常にシャープに生える事からボールペンで書いた時よりも誰でも字が綺麗に見えると言うメリットがあります。

また万年筆は鉛筆やボールペンの様に押しつけなくても滑らすだけで紙にインクが写って行きますので、筆圧を必要としませんのでボールペンや鉛筆の様に腕が疲れないと言うメリットもあります。

更に万年筆と言うと我々日本人は、文豪作家であるとか、ある程度の知識人が持つものと言うイメージが強いため、万年筆を使う事である程度のステイタスを得る事もできます。

ただ万年筆と言うのは他の筆記具とは違い、非常にデリケートな筆記具なので丁寧に扱わないとすぐに書けなくなってしまう筆記具でもあります。

そんな万年筆を書けなくしてしまう初心者が遣りがちなケアレスミスを防いでくれる万年筆「KOSMOS ink」を今回はご紹介致します。


この万年筆「KOSMOS ink」は万年筆には珍しくアルミを切り出して作られており、オプションにはなりますがオール・チタン合金製のボディーも用意されています。

そして万年筆はインクを入れる方式としてカートリッジ式と吸引式があり、今回紹介する「KOSMOS ink」は吸引式で、コンバータと言うインクを吸い込んで貯めておくためのボトルが内蔵されており、カートリッジ式に比べてランニングコストが安く、また様々なメーカーから出されているインクの中で好みの色の気に入ったインクを使う事ができると言うメリットがあります。

次にこの「KOSMOS ink」の注目のマグネット式キャップは今までのスクリュー式キャップの様にクルクルと回して脱着する必要がありませんので、キャップを外してボールペンの様にすぐに書き始める事ができるほか、強力が磁力によってキャップはしっかりとペン先を密閉保護し、外れる様な事がありません。

これが何を意味するのかと言いますと、まずキャップが緩くてペン先が乾く事がないと言う事です。キャップの仕方が緩いとどうしてもそこから空気が入ってしまいペン先のインクが乾いてしまい書く事ができなくなってしまい、この「KOSMOS ink」ですとコンバーターを外し、乾いてこびりついたインクをしっかり洗い長さなければ書ける様にはならず、指のインクの色に染まって大変な事になります。
またバッグのペンボルダー等に差しておいてキャップが回ってキャップが完全に外れてしまうとインクで中の書類をはじめ、バッグの裏生地もそうですが色々なものがインクまみれになる上に、歩く振動に合わせてペン先に硬いものがガンガン当たればペン先が歪んでしまい最悪は修理に出さなくてはいけなくなります。
そう言った3つの不具合をキャップとペン本体にマグネットを仕込む事でこの「KOSMOS ink」は見事に解決しているのです。

また万年筆と言うのは普通はペンは丸みを帯びており、何気なく机の上に置く腕でも当たるとコロコロと転がって行きデスクの下にでも落ちてペン先が床にでも当たろうものならペン先が歪んで大変な事になってしまうのですが、この「KOSMOS ink」は相対する2面をフラットにカットする事で不用意に転がる事も防止しています。

またペン先はドイツのPeter Bock社のスチール製のペン先が標準で付属しているのですが、シルバーのスチール製のペン先の他にブラックスチール、チタン、14k製のペン先もオプションで選べる様になっています。

また持ち歩かずオフィスや自宅の書斎でのみ使われると言う方には専用のペンホルダーもオプションで用意されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/stilform/kosmos-ink

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/80181

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です