トイレを掃除した後のトイレブラシを頬ずりできるくらいにまでクリーンに変身させるトイレブラシ「LUMI」

トイレを掃除するトイレブラシってどうしても敬遠したいですよね。
何せ汚物を流すトイレですから、その汚れを綺麗に落とした後のトイレブラシには非常にたくさんの雑菌が付着しているはずですから、いくら便鉢の中で綺麗に流水でブラシを綺麗に洗い流し、見た目にブラシに何もゴミや汚物が付着していなくて、目に見えない雑菌がウジャウジャとブラシに付着しているととても素手では触れませんよね。

しかも水を切る際にその水が飛び散って頬にでも付着したなら、それこそ大騒ぎになるのは間違いありません。

かと濡れたままのブラシをそのままブラシホルダーに戻すのも何だか雑菌はいっぱい繁殖しそうで嫌ですよね。

そこで今回紹介するトイレブラシ「LUMI」です。この「LUMI」ならその雑菌を一網打尽にしてくれますので安心して使い続けて頂けます。


では何故、この「LUMI」はトイレを洗った後の超汚れたブラシをどの様にして綺麗にするのでしょうか?
それはみなさんお馴染みの紫外線です。
紫外線は殺菌効果があるのはみなさんよくご存じだと思います。

では何故紫外線が殺菌できるのかと言いますと、紫外線と言うのは遺伝子情報であるDNAを破壊する力を持っているからです。
紫外線はDNAに当たるとそのDNA同士を繋いでいる手をズタズタに切って行きますので、ズタズタに切られたDNAは増殖するのに必要な情報を失い増殖できなくなり死んで行くと言うのが紫外線殺菌の効果です。
ですから紫外線はどの様な細菌やウィルスにも効果があるのです。

しかも紫外線はブラシだけでなくブラシ立てそのものも殺菌しますので、おそらく便器よりもクリーン度は高いはずです。

更に洗った後の水の滴るブラシをそのまま戻しても良い様にドレイントレイが内臓されており、ブラシから滴り落ちた水滴はトレイに集められて自然蒸発させられますし、もちろん紫外線で殺菌されていますのでこのブラシスタンドの中に菌やウィルスは存在しません。

更にブラシは手前に倒すとスッと取り出せ、戻す時もブラシボルサーに差し込むと自動的に蓋が閉まる様になっている上に、少し当たったくらいでは倒れない様にもなっており、ブラシが飛び出て来る事もないので、いくら綺麗だと分かってはいても潜在意識の中でトイレブラシは汚れたものだと言う認識はなかなか無くなる様なものではないでしょうから、精神的にも安心です。

またブラシの柄は非常に硬くゴシゴシと力を入れて磨く事ができる他、頑丈な事でしなって水しぶきが飛んで来る心配をする必要もありませんので、洗っていても非常に安心して安定してトイレの掃除を行う事ができますので、もしブラシの雑菌が気になる方はこのUV殺菌機能のついた「LUMI」で安心してお掃除して下さい。

なお詳細につきましては下記URLにてご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/lumitoiletbrush/lumi-self-sanitizing-toilet-brush-and-base

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です