何時間つけていても痛くならないOculus Quest用カウンターウエイト「VR BALANCE for Oculus Quest」

どのVRヘッドマウントディスプレイにも言える事ですが、ヘッドマウントディスプレイはカンデラの様にベルトで頭部に固定するのですが、装着したままじっと座っていれば何も起こりません。
ですがFPSゲームの様な激しいゲームを行う場合、激しく頭を動かしますのでヘッドマウントディスプレイの重さでヘッドマウントディスプレイが下がって行きますので、それを防止する為にきつくベルトを締めるのですが、ベルトを締めすぎると締め付けにより頭が痛くなると言う欠点を生みます。

ですからVRヘッドマウントディスプレイではカウンターウエイトと呼ぶヘッドマウントディスプレイと釣り合いの取れるオモリとなるものを後頭部に取り付けてバランスを取り、ヘッドマウントディスプレイが振動でズリ落ちるのを防止します。

そこで今回は”Oculus Quest”専用に設計されたカウンターウエイト「VR BALANCE for Oculus Quest」をご紹介致します。


重さ547g(19.3oz)のカウンターウエイト


このカウンターウエイトは本体の重さ468gの”Oculus Quest”とちょうど釣り合いの取れる重さ約547gのバランスウエイトです。
スエード調の生地の中に砂が入ったウエイトなので自由に形を変える事ができ、実際に”Oculus Quest”には”Oculus Quest”のベルトにマジックテープを貼り付けた上でこの「VR BALANCE for Oculus Quest」を貼り付けますので、脱着は自由で頭の曲線に沿って曲がりますし、スエード調の生地なので頭に当たってもソフトな当たりです。

一般的に”Oculus Quest”ユーザーがカウンターウエイトとして使うのはモバイルバッテリーで、モバイルバッテリーを後頭部にベルトでくくりつける事で同時に”Oculus Quest”に給電も行えますので一石二鳥なのですが、モバイルバッテリーは硬いので頭を動かすと後頭部にコツンコツンと当たりこれが結構不愉快なのですが、この”Oculus Quest”でもうそう言う不快な思いもせずに済みます。


取り付けたままオリジナルケースに収納


更にこの「VR BALANCE for Oculus Quest」は”Oculus Quest”に取り付けたままケースに収納する事が可能です。
これが自作のカウンターウエイトであれば取り付けたままケースに収納するなんて事は無理でしょうからオリジナルケースに収納する度に取り外し、そして使う度に取付けなければいけませんが、この「VR BALANCE for Oculus Quest」であれば取り付けたままにしておく事ができますので、そう言う意味でも便利なのです。

また場合によっては他のVRヘッドマウントディスプレイにも使えなくはありませんので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/vrbalance/vr-balance-oculus-quest-comfort-mod

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です