ちょっと気分転換に外を見ながら仕事をしてみるのも良いんじゃない?窓をテーブルに変える「Motis」

今年は多くのオフィスでテレワーク化が進み、みなさんもずっと自宅や自室に引きこもって仕事をすると言う日々が今でも続いていると言う方も中にはおられるのではないでしょうか?

ただ起きてからずっと自宅にして見る景色も全く変わらないって言うのは何だかモチベーションも上がりませんよね。

そこで今回は気分転換に窓をテーブルにして外を眺めながら気分転換して仕事をする事ができる窓をワーキングテーブルに変えてしまう「Motis」をご紹介致します。


吸盤で張り付くテーブル


この「Motis」は超強力な吸盤で窓ガラスや、壁に凹凸がない大理石の様な表面が平らな石や、表面が滑らかに平らな金属でできた扉などに吸着する事のできるテーブルで、持ち歩く事を前提にしていますので天板などは2つに折り畳む事ができる他、吸盤も天板に重ねる事ができる様に変形する等のギミックを有しており、重さは2kg前後と微妙ですが、折り畳んだ時の大きさは持ち歩くのに便利なサイズにコンパクトになります。

そしてこの「Motis」の特徴は吸盤の吸引力で、何と約18kgもの荷重に耐える事ができるのです。
ですから、いくら大きなノートPCを乗せてもノートPCを乗せたまま床に落下すると言った事はありませんが、肘をついたりして体重を乗せると落ちて言ってしまうかもしれませんので、注意が必要です。

また、貼り付ける場所が窓ガラスであれば窓ガラス越しの景色を見つつ作業する事ができますので、気分転換にもなりますし、空港等で出発を待つ間、膝の上にノートPCを置いて作業するよりは、ガラスにこの「Motis」を張り離着陸する飛行機を眺めつつ作業をした方が、身を屈めて背中を丸くして仕事をするよりは姿勢良く仕事ができます。


外付けキーボードを利用される方にはオプションのPCスタンドが便利


そしてこの「Motis」には外付けキーボードを使ったり資料を広げながら入力作業を行ったりする様な方等の為にノートPCスタンドが付属したバリエーションも用意されています。
このノートPCスタンドはガラスと「Motis」の間に差し込む様になっており、テーブルがお腹の辺りに来る様に窓に貼り付けたとするとモニター部分は顔の真正面に来る感じまで高さを上げる事ができますので、真っ直ぐ前を向いて仕事をする事ができますので、肩凝りやストレートネックが酷い方にはかなり楽に作業を行う事ができる様になります。
また開いた「Motis」の上にはキーボードやマウスを置いて操作できますし、スライドして引き出せる小さなテーブルはコーヒーの入ったマグをのせる為のものです。

更に「Motis」の上のノートPCをのせ、PCスタンドに資料を引っ掛け、資料を見ながらノートPCで作業を行う様な場合も資料がモニターの上に位置づけされる様な感じになるので両者を比較しながら入力すると言うのも非常に入力し易いのではないでしょうか?


水準器内蔵で、のせた途端に落ちたりせず


そして細かな部分にもなりますが、この「Motis」には何とテーブルが真っ直ぐ窓ガラスや壁に張り付いているかどうかをチェックする為の水準器が内蔵されており、水泡の位置を水平にする事で、従来の様にテーブルが傾いてついている事を知らずに、ノートPCを置いたら重さで滑り落ちて破損させてしまったなんて事にはならならいようになっていませんのでご安心ください。

なお詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/421938988/motis-from-the-makers-of-deskview

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です