Home > Kicstarter | Newガジェット | 開発 > WiFi搭載のPythonマイコンボード「WiPy」

WiFi搭載のPythonマイコンボード「WiPy」

Micro Pythonと言うマイコンボードはご存じだろうか?文字通りPythonでプログラミングができるマイコンボードなのだが、Pythonってインタプリンタみたいに使えるので便利なんですよね。ArduinoやPICだとC/C+やアセンブラで書いてコンパイルして動作確認…..になるのですが、デバッグが大変なんですよね。なのでインタプリンタ形式で動かせるPythonが乗ったマイコンボードって、出た時、私にはとっても魅力的に映りました。

今回、Kickstarterで投資の募集を開始した「WiPy」は、MicroPythonがUSB接続でターミナルでやっていたプログラミングが、WiFiモジュール搭載のTIのCC3200を載せているいる事によりWiFi接続okなのです。
つまりコードレス。telnet経由で操作もできますし、嬉しいのはFTPでのファイル転送。FETでプログラムファイルを転送できるので、めちゃ便利です!!いつも使っているPCで書いたプログラムファイルをFTPで転送するだけで動かせるんですから、これはめちゃ便利ですよ!!

スペックは

  • Size: 25mm x 45mm (1.0″ x 1.77″)  
  • MCU: Cortex-M4 @ 80MHz (TI CC3200)
  • WiFi: 802.11b/g/n 16Mbps (AP, Station and WiFi-Direct)
  • RAM: 256 KBytes
  • Flash: 2 MBytes
  • GPIO: Up to 25
  • Interfaces: UART (x2), SPI, I2C, I2S, SD card
  • Analog channels: 3×12 bit ADCs
  • Timers: 4×16 bit with PWM and input capture
  • RTC: Of course
  • Hash and encryption engines: SHA, MD5, DES, AES
  • DMA: All over the place
  • 3.3V output: Capable of sourcing up to 250mA

気を付けないといけないのはI/Oが3.3V駆動な点くらいで、Flashも2Mもあるので、結構デカいアプリを作ってもへっちゃらですし、SSLやTLSもサポート。

しかもこのボードの売りの1つはサスペンドモード時の消費電力。850uAとめちゃ省電力です。なのでバッテリー駆動のセキュリティーユニットみたいなものを使ってもすぐにバッテリー切れて!!って事はないのでかなりこの仕様は有り難いですよね。

さてこのボード1枚の価格は27ユーロ。それに送料5ユーロで約3700円になります。

詳細は下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/wipy/the-wipy-the-internet-of-things-taken-to-the-next

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://meiya.jp/wp-trackback.php?p=14878
Listed below are links to weblogs that reference
WiFi搭載のPythonマイコンボード「WiPy」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 開発 > WiFi搭載のPythonマイコンボード「WiPy」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。