愛犬が嫌がらない電動歯ブラシと、愛犬用歯周病予防歯磨き「Mira-Pet」

みなさんは愛犬の歯周病について考えた事や体験した事はありますか?
ある統計によると3歳以上の犬の80%は何らかの歯周病を持っていると言う結果が出ています。
これは歯磨きの回数や間隔、そして餌の種類など様々な要因があるかと思います。そして歯周病になると何が恐いのかと言いますと、歯が抜けたり、抜かなければならなかったりして咀嚼できなくなり餌が食べられなくなって衰弱して行くと言う事もありますが、それ以上に膿がたまってその膿が体内のあちこちに移動する事の方が恐いのです。
膿と言うのは細菌の死骸ですから、その細菌が皮下で増殖すれば蜂窩織炎に罹患しますし、これが歯に近い頬で蜂窩織炎になると下手をすると脳に飛に飛びますし、内蔵でも心臓や肝臓や膵臓に飛ぶと臓器不全や心筋梗塞等の原因ともなり、それこそ命に関わります。

ですから愛犬においても歯磨きが重要なのでですが、なかなか歯磨きの好きな犬もいないでしょうし、口を開けたままじっとしていてはくれない愛犬の歯垢のたまる歯周ポケットを丁寧に掃除するなんて、飼い主と言えども嫌がって手を噛まれてしまうかもしれません。

ですが今回紹介する電動ハブラシ「Mira-Pet」であれば愛犬が嫌がる前に短時間で歯周ポケットを掃除する事ができます。

この「Mira-Pet」は電動歯ブラシで言うと超音波歯ブラシに分類される歯ブラシになります。
ただ普通の電動歯ブラシですと振動回数が高価なタイプのものでおよそ3万回前後、安いものだと1万回以下だったりと様々で、その振動を作り出すのに電磁石や震動モーターを使っているのですが、犬の可聴領域が広い為か、それとも歯に伝わる電動歯ブラシの震動が嫌なんか受け入れてもらえません。
一方回転系のブラシはと言いますとこれもやはり音なのか震動なのか?それともブラッシング時の痛みなのか?これも嫌がります。

ただ歯周ポケットの奥深くまで詰まった歯垢を除去するには超音波歯ブラシが最適で、この「Mira-Pet」では愛犬に広く受け入れてもらう為に震動回数を600万回/分と200倍にまで引き上げる事で震動と音を抑制しましたので、今まで電動歯ブラシを嫌がっていたどの様な愛犬達にも受け入れてもらえる様になっています。

更にこの「Mira-Pet」では短時間でブラッシングを終える事ができる様に3方向からブラシが出ており、1度歯に当てるとその歯の外側、内側、そして表面を同時にブラッシングする事ができますでの、そのまま歯の並びに沿って動かすだけでです。ですからこの「Mira-Pet」がブラッシングにかかる時間はわずか60秒なので、時間がかかって嫌がると言う事もないと言う事です。
ですがシングルブラシも用意されていますので、口の小さな小型犬にはシングルブラシの方がベターです。

また歯周病については犬の口に繁殖する細菌を除去する為に専用の研磨剤を含まない歯磨き粉が用意されています。もちろん、市販の犬用の歯磨き粉を利用しても良いのですが、この「Mira-Pet」専用の歯磨き粉は1週間に1回のブラッシングで歯垢や歯周ポケットに入っている細菌を除去し元気で健康な歯茎を作り上げますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1323409715/mira-pet-ultrasound-toothbrush-for-dogs

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です