スマートウォッチの欠点を従来技術でフォローした最低でも10日間は充電フリーで動くスマートウォッチ「mim X」

スマートウォッチを市場に浸透させた代表選手であるApple Watchがリリースされてからはや3年が経過し、街中でもスマートウォッチを腕にはめている方をちらほらと見かける様にはなって来ました。そして当初は問題視されたバッテリーの持ちも次第に改善され、1日持たずにどこかのタイミングで充電しなければならないと言う様な事はなくなりましたが、それでも毎日充電しなければ途中でバッテリー切れを起こしてしまうのではないかと少し不安になるのも事実です。

そこで今回は従来からある技術をうまく取り入れ工夫する事で最低でも10日は充電フリーで使えるスマートウォッチ「mim X」をご紹介致します。


ではこの「mim X」はたった55mAhのバッテリーで10日も連続使用する事ができるのでしょうか?
その1つに時刻表示は針を使ったアナログ表示にしていると言う事が挙げられます。もちろん針はディスプレイ上に描いているのではなく、実際にムーブメントに針が差し込んであり、従来のアナログ腕時計同様に針が動いて時刻を知らせてくれます。
ですからこの「mim X」ではわざわざディスプレイを点灯させて時計の針を描画する必要がなく従来からある針をムーブメントで移動させているだけなのでバッテリーの消費は、ほぼないといって良く、時計表示だけだと最大40日は充電フリーで使用する事ができるのです。

そして次にスマートウォッチとしての機能ですが、これもメインな機能は全て網羅しており、メッセージやメールの表示から電話の着信、TwitterやFBの新着通知をアラートとバイブで知らせてくれるのですが、それでも消費電力は低くて最大10日も充電レスで使えるのです。

その秘密は従来からある液晶ディスプレイにあります。従来のデジタル時計はガラス面に予め表示パターンが印刷してあり、その部分に電圧を加える事で液晶が動いて黒い文字が浮かび上がったのですが、この「mim X」はみなさんが持っているスマートフォンの液晶ディスプレイと同じ様に小さな点がたくさん集まったTLD(transparent levitation display)と言う特許を取得したディスプレイを使用しており、好きな様に文字やアイコン、画像を描き出す事ができます。

そして機能的には加速度センサーに心拍センサーを内蔵していますのでアクティブトラッカーとしても機能する様になっていますし、スマートフォンからもう1つのタイムゾーンを設定する事でアナログとデジタルで2地域の時刻を同時に重ね合わせて表示する事もできる様にもなっています。

また時計のデザインですが、大きさは共通しているのですが、ベルトの素材(レザーなのかメタルなのかPPなのか)や色、ベゼルの色はかなりの種類が用意されていますので詳細につきましては下記URLにてご確認下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/67420768/mim-x-the-first-smartwatch-with-invisible-display

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です