電気の力で温めてアイスクリームをすくうので手が冷たくならないアイスクリームスクープ「SVANKi」

最近100円均一ショップなどでも、熱伝導の良い金属を使い手の熱を伝えて、カップに入ったアイスを溶かしながら掬って食べる事ができると言うスプーンが売られていますが、使った事ってありますか?
確かに同じ熱伝導の原理を利用したバターナイフなどもカチカチに固まったバターを切り分けたりする時もバターナイフにそんなに力を入れずとも切る事ができますし、バターナイフにバターがひっついたまま離れないと言う事もないので便利と言えば便利なのですが、それは手が温かい時の話です。

アイスクリームを冬でも食べると言う方は大勢おられますし、暖房に効いていない寒い部屋でカチカチに凍ったカップアイスを食べると言う方もられます。
ただそう言う時に最初は温かった手も、スプーンから伝わるアイスの冷たさで冷やされて行きますので、4,5回アイスクリームを口に運んだ所で指から完全に熱は奪われ、そしてアイスクリームは全く溶けないと言う状況になり、そうなると普通のスプーンと同じで硬いアイスを砕きながら食べないといけませんし、更に指は冷たくかじかんで行きます。

それはバレル(大きな容器)に入ったアイスをすくってお皿やコーンに移すアイスクリームスクープと言う道具も同じです。このアイスクリームスクープにも同じ様に手の熱を伝えてアイスクリームを溶かしながらすくう道具があるのですが、これも同じ様に何回か使うと手が冷たくなってすくえなくなるのは目に見えていますし、掬い上げたとしても引っ付いてなかなか落ちないでしょう。

そこで紹介したいのがこのアイスクリームスクープ「SVANKi」です。


この「SVANKi」は結論から言いますとヒーターとバッテリーを内蔵しており、スイッチを押す事で瞬間的にアイスクリームスクープの先のアイスクリームを掬う部分のボールの部分を60〜65℃にまで加熱します。

そうする事でアイスクリームスクープの中に入ったアイスは簡単にコーンやお皿の上に溶けてスッと落ちると言う訳です。

そしてこの「SVANKi」はスイッチを押さないと加熱されない様になっていますので、子どもさんが誤って触って火傷をすると言う事もありませんし、バレルからアイスを掬い上げる時はヒーターを入れないで、お皿等に移す時にだけヒーターを入れる様にすれば、バレルの中のアイスが溶けて再度冷凍庫に戻した後に溶けたアイスが固まって、次に食べる時にイスクリームスクープがアイスの中に入って行かない程固まる様な事にもなりません。

そして「SVANKi」をワイヤレス充電にする事で防水構造にする事ができ、食洗機はNGですが、普通の食器と同じ様にシンクでスポンジで洗う事は可能ですので、もしお得なボックスアイスをよく買われて、いつも取り分ける時に硬いアイスと格闘して疲れると言う方には手も冷たくならないのでオススメですので、もし詳細をご覧になりたい場合は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/svanki/svanki-the-electric-ice-cream-scoop

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です