iPad ProをクールにMacBookに変身させるトラックパット付きのキーボード「Libra」

iPad Proが登場した時、その性能の高さ(価格も非常に高いのですが)からスマートキーボードと一緒に使えばMacBookの代わりなるともてはやされました。
ですが実際にiPad Proにスマートキーボードを取り付けた時、MicrosoftのSurfaceの様に使えるかと言うと、そうはならなくて、従来通りiPadに外付けのキーボードを付けた、そんな感覚しか覚えず、もちろんMacBookの代わりになったかと言うとなりませんでした。

それは何故かと言う事をひもといて行くと、マウスカーソルを出してもマウスカーソルはスマートキーボードでは動かせない事と、スクロールや選択範囲のドラッグなどはiPad Proの画面でおこなわなければならず、手の移動距離が長く決してMacBookの様なノートPCの様に快適に操作ができないからです。

そこで今回は、そう言うスマートキーボードに不満・不自由を感じている方にオススメなiPad Pro専用キーボード「Libra」をご紹介致します。


磁気カバーまで付属したキーボード


まずこの「Libra」はiPad Pro専用キーボードで、スマートキーボード同様にiPad Proが簡単に脱着できる様に設計されており、iPad Proはキーボードにセットしたまま持ち運びができる他、iPad Proを保護する為の磁気カバーも付属しているだけでなく、色はシルバーにスペースグレイとiPad Proと同色のキーボードと磁気カバーがセットになっていますので、MacBookと言われれば見た目にはiPad Proだとは絶対に気付かないくらいマッチしたフォルムになっています。

また、キーボードはMacBook同様にバックライトを点灯さえる事ができる他、MacBookにはないフルカラー点灯モードなども備えており遊び心も満点です。


やっぱり!!トラックパット


さて「Libra」のトラックパットではiPad ProのOSをiOS12からiPad OSへとアップグレードする事でスクロールの他、スワイプ、そしてズームインアウトと言ったMacBookのトラックパッドと同じ事ができる他、もちろん範囲選択もクリックしてトラックパット上でドラッグする事でMacBookと同じ様にテキストの範囲選択などもできます。

またキーボードではショートカットキーが使えますので、ChromeやSafariはもちろんの事、Photoshop for iPad等もサクサクと使えるの違いありません。


いざって時はキーボードから充電


そしてこの「Libra」はBluetoothでiPad Proとは繋がっていますので、当然のことながらバッテリーを搭載しています。
バックライトを点灯させずに1日に2〜3時間の使用であれば4,000mAhものバッテリーを搭載していますので200日前後は充電レスで使えるのですが、そのバッテリーをiPad Proの充電の為のバッテリーとして利用する事もできますので、もしバッテリーが切れかけていてどうしようもないって時はとても助かります。

そんな使えるiPad Proに変身させてくれるトラックパット付きのキーボード「Libra」について詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/libra-keyboard/libra-turns-your-ipad-pro-into-a-macbook

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です