蓋を立てても水滴がレンジの上に垂れないGreblonセラミックノンスティック仕上げの鍋「Sailing Range」

フライパンや鍋の蓋って不要な時ってすごく邪魔に感じませんか?
置くにしてもフライパンの蓋を裏返しておける様なスペースが必要ですし、立てて置くなら蓋にたくさんついた水滴を集める為のお皿か容器かを蓋の下に敷いておかなければ、垂れて来た水滴でレンジ周りは濡れます。

とはいえ蓋立てなんて便利なガジェットや、自立する様な蓋まで最近では出て来ていますので、そう言った蓋を利用するのも1つの手ですが、今回はもっと便利な鍋「Sailing Range」をご紹介致します。


立つ蓋


今回紹介するのは「Sailing Range」の中のキャセロールで、大きさは直径24cm×深さ13cmの鍋になります。
この鍋の1番便利な所は何と言っても蓋で、何と持ち手の切り欠き部分に蓋の突起を差し込むと蓋が斜めになった状態で立つのです。
この角度、鍋の中をかき混ぜたり、鍋の中の料理を器によそったりする際には少し角度が浅くてヘラやお玉が当たってしまうかもしれませんが、蓋が鍋の上に立つなんて、なんて便利だと思いませんか?
これだとワンルームマンションの1口しかコンロがない様な狭小キッチンでも蓋をどこに置いたら良いんだ、なんて悩む必要はありません。

更に蓋は立つだけでなく、斜めにして垂れて来る水滴はそのまま鍋の中へとリターンする仕組みにもなっていますので、非常によく考えられていますが、煮詰めたい場合はリターンして戻った水滴が水分として加わってしまうので余計なので、そこは考える必要ありです。

しかもこの蓋、立つだけじゃないんです。
何と蓋の側面に湯切り用の穴が設けてあり、この蓋を使って湯切りが出来るので、パスタやそば、ラーメンの麺と言った湯切りが必要な麺を茹でたりする際に蓋だけで湯切りまで完結できるとザルを使わなくて良く、余計な洗い物が増えないと言うメリットが生まれます。

更に一般的な鍋と蓋で同じ事をしようと思えば、熱くなった持ち手と蓋とを一緒に押さえなくてはいけなくとても大変ですが、このキャセロールですと蓋から横に伸びた枝の様な突起が鍋の持ち手の穴にピッタリと収まって動かないので、湯切りをする様な際にはしっかりと持ち手部分を持っているだけで蓋をズラさずに湯切りがしっかり出来るのでオススメです。


非PFOA系フライパン


そしてこの「Sailing Range」には蓋の立つキャセルオールの他にフライパン(26cm×6cm)とソースパン(18cm×9cm)もラインナップされており、揃ってGREBLONセラミックノンスティック加工が施されています。

このGREBLONセラミックノンスティック加工はノンフッ素系加工では欧米では有名で、フッ素系コーティングを嫌う方を方達には絶大な人気を得ています。
フッ素系コーティングは鍋を高温に熱した時に溶け出すだけでなくやはり化学物質なのでそのまま身体の中に取り込んでしまうと毒性がありますが、このセラミックコーティングはそう言った事がない上に熱の均一性も高く、ガスレンジであったとしても鍋の底全体に熱が行き渡る様な構造と材料を使っていますので、焼きムラを作ったりする様なない上に熱伝導が良くてすぐに調理できてしまうと言う特徴も合わせ持っています。


フライパンにソースパン


そして「Sailing Range」のフライパンもキャセロールと似た蓋が付属していますが、こちらは鍋に上には立ちません。
立ちはしませんが、蓋の縁はキャセルロールの蓋の様にエッジが立っていますので逆さにしてキッチンの上に置けば水滴がキッチンの上にこぼれ落ちたりする様な事はありませんし、湯切り穴がこちらの蓋にもついていますのでマカロニを茹でたりと言った用途にも向いていると言えます。
またフライパンにはソースパンやキャセロールの様な蓋は付属していませんが、オーブンに直接入れられますので少し焦げ目をつけた後にオーブンでじっくりと焼くと言った料理にも使えます。
またこのオーブンに入れられるのはフライパンだけでなくソースパンやキャセロールでも同じなので、たった鍋1つ、フライパン1つで様々な料理がたのしめますし、食洗機などを使っても大丈夫で洗うのも楽になっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/master-design/sailing-range-collection-cookwares-reimagined

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です