Home > Kicstarter | Newガジェット | iPhone | Android | おもちゃ > バージョンアップしてアクロバット飛行ができる様になったスマートフォンで操作できる紙飛行機「PowerUp DART」

バージョンアップしてアクロバット飛行ができる様になったスマートフォンで操作できる紙飛行機「PowerUp DART」

 みなさんはスマートフォンで操作できる紙飛行機ってご存じですか?ネット通販の他、家電量販店でも売られており、更にテレビや雑誌と言ったメディアにも新しい機体がリリースされる度に取り上げられていますので、既に持っておられる方、見た事がある方、興味を持っておられる方が大勢いらっしゃると思います。
 そんな自分で折った紙飛行機に取り付けてプロペラを回して自由の大空を飛ばす事ができる紙飛行機に”ブルーインパルス”の様な曲芸飛行ができる「PowerUp DART」が新たに加わりましたので、それを今回は紹介致します。

 ではカメラを搭載した「PowerUp FPV」は別として「PowerUp DART」は「PowerUp 3.0」と比較してどこがどう変わったのかと言いますと、まず飛行性能は25分の充電で10分の飛行、Bluetooth4.0で最大飛行可能距離約60m(電波の届く距離です)と、コントローラーやモーター周りは「PowerUp 3.0」のものを利用しているのか「PowerUp 3.0」と同等で、ハード的に変わったのはクロスバーと呼ぶ横に伸びたフレーム(骨)の役目を果たす棒が追加されたのと、モーターの前についている垂直尾翼の面積が小さくなった事、そして先端のコントローラー部分を覆うカバーが炭素繊維とナイロンで強化され、更にノーズ部分にはラバークッションが取り付けられて墜落した時の衝撃を吸収してカバーがバラバラに砕け散る事がない様になっています。

DARTを作成するために、クロスバーと改良された紙飛行機テンプレートを追加しました。 クロスバーにより、厳しい操縦中にDARTが高Gフォースを維持することができます。 さらに、バーを脊柱の上下に動かすことで、飛行機の安定性を調整できます。

炭素繊維とナイロンで強化されたプラスチックとクラッシュランディングの力に耐えるゴム製の先端で超耐久性。

 ではこの改良されたクロスバーと垂直尾翼は何を意味するのかと言いますと、クロスバーは主翼が上下にバタバタと暴れない様に、折れ曲がる事がない様にする為です。と言いますのも「PowerUp DART」になって360度宙返りや8の字飛行、きりもみ、ロール…..etcと言った航空ショーに行けば見る事ができる様な実機の曲芸飛行をそのままこの「PowerUp DART」でも再現できる様になった為に翼にかかるGや風の強さも”PowerUp 3.0″とは比べものにならないくらい強くなっていますので、”PowerUp 3.0″の仕様のまま曲芸飛行させてしまうとそのまま翼が折り畳まれて(ベースは紙飛行機で折っているだけなので)そのまま揚力を失って墜落するしかありませんが、それをクロスバーをつける事で回避しています。
 次に垂直尾翼の面積が減った理由はただ単に曲芸飛行をさせる為です。と言いますのも垂直尾翼の面積が大きいとそれだけ垂直尾翼を曲げた時に垂直尾翼にかかる風の圧力が大きくなりますので方向転換がし易くなるのですが、逆に言うと機体が機敏に反応してしまう為にちょっとした細かい動きと言うのが苦手になって来ます。逆に垂直尾翼の面積が少ないと加わる力が少ないので大きく垂直尾翼を曲げても加わる力は小さく少ししか機体は動きませんので、細かな微調整が可能になると言うわけなので、この「PowerUp DART」では垂直尾翼の面積と小さくして曲芸飛行をし易くさせていると言うわけです。

 次にスマートフォンでのコントロールは、これは従来からの操作方法と大きな変更はありません。ディスプレイ上のスロットルを上下させて推力を変更し、スマートフォンを傾ける事でその方向に曲げると言う操縦方法は同じなのですが、この他にラジコンモードと言って、ディスプレイに表示されたスティックを動かす事で操縦できるモードが新たに追加されたり、ワンタップで曲芸飛行をさせる為のボタンなども追加されていますので、誰でもが簡単に色々な曲芸飛行を行う事ができる様になっています。

 そして最後に、何と離着陸用のギアが付属したセットが用意されています。この進化はとてつもなく嬉しい進化で、今までのPowerUpシリーズはギアがありませんでしたから、発進させる時は手投げで発進させますので良いのですが、着陸は地面に胴体着陸させるか、飛行中のPowerUpをキャッチするかの2通りで着陸させなければならず、前者の胴体着陸の場合、地面がコンクリート等ですとコントローラー部分が地面と接触して傷がついたり削れたり、最悪は頭から地面に突っ込んだ場合は破損していたので、初心者が飛行させて上手に飛ばせて着陸させる事ができる様になった頃には機体はボロボロになっていたものなのですが、ギアがついたお陰で芝生が生えた公園へ出向かずとも近くの砂地の公園でも飛ばせる様になります。

 なお離陸も着陸もボタン1つでできる様になっていますので、初めてラジコンを飛ばすと言う方でも安心して飛ばす事ができますよ。なお興味を持たれた方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/393053146/powerup-dart-app-controlled-paper-airplane-with-tr

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/78735

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://meiya.jp/wp-trackback.php?p=29496
Listed below are links to weblogs that reference
バージョンアップしてアクロバット飛行ができる様になったスマートフォンで操作できる紙飛行機「PowerUp DART」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | iPhone | Android | おもちゃ > バージョンアップしてアクロバット飛行ができる様になったスマートフォンで操作できる紙飛行機「PowerUp DART」

New Topics

Return to page top