フォーマルな場所で取り出しても恥ずかしくないチタン合金製マイ箸「Titanium Chopsticks」

最近はマイカップを持って行くと割引してくれるコーヒーチェーン店や、マイ箸を持って行くと割引してくれる飲食店などが非常に増えており、エコの意識や環境への意識の高まりと共に割引があるなしに関わらず自前の食器を持って行かれる方は多いと思います。

ただそう言う時にちょっと高級感漂う塗り箸や、今回紹介する様なチタン製の箸を持っていれば、街中の蕎麦屋やラーメン屋のみならず、お座敷に上がって、お膳で出される様なちょっと格式高い料亭でも気後れせず取り出してさり気なく使う事ができますし、それを見た同伴者が話題にしてくれれば、ちょっとした自慢にも…..

そんな自慢のできる上品でかつ高級感漂うチタン製の箸の「Titanium Chopsticks」をご紹介致します。


さてチタン製箸の紹介を始める前に、みなさんは割り箸にまつわる都市伝説ってご存じでしょうか?
その都市伝説と言うのは割り箸には毒が含まれていて、割り箸を金魚鉢に入れるとその金魚鉢に入っている金魚が翌日には死んでいた、なんて言う都市伝説です。
これはあながち嘘ではありません。国産の杉や檜の間伐材を使ったちょっとお高めの割り箸ではそう言う事は有り得ませんが、海外から輸入される箸で、特に箸の木の色が白っぽいものは漂白剤で漂白された上に防腐処理され、カビ等が生えない様になっており、人体には影響のない濃度で処理はされているものの、毎日使っていれば、その影響はどうなるかはわかりません。

ですからそう言う意味でもマイ箸を持参し、店舗に置いてある割り箸を使わないと言う事はエコである上に自分の健康を守ると言う事にも繋がります。

そしてこの「Titanium Chopsticks」にはちょっとしたバリエーションがあるのですが、一番高価なセットはチタン製の箸とステンレス製の箸置き、そしてチタン製のストローまでもがセットになり、シックな落ち着いた色のしっかりとしたキャンバス生地のケースに入っています。

そしてチタン製の箸以外にもステンレス製の箸も用意されており、こちらは布の袋が付属しています。

そしてチタンで箸を作ると言う事は、様々な面でメリットがあります。
1つはチタン合金は軽いと言う事です。一般的な軽めの塗り箸でも10g、輪島塗の塗り箸だと25gもありますが、この「Titanium Chopsticks」はたった6gと非常に軽く疲れません。さらにチタン合金は金属アレルギーのある方でも安心して使える金属なので、安心してお使い頂けます。

そして箸先はザラザラとしたノンスリップ加工が施され、箸で持ち上げたモノを落とさない工夫が施されていますので、箸使いが苦手な方でも安心して人前で使って頂けます。

そんな「Titanium Chopsticks」には落ち着いた青色、オリーブ色、モカ色と、シックな色合いながら高級感漂うラインナップが揃えられており、この他にも木製のお茶碗なども用意されており、ストローを含めて箸置きも、オプションとして追加して自由に組み合わせる事ができる様になっていますので詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1901562183/everyday-carry-aerospace-grade-titanium-chopsticks

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です