Newガジェット

MagSafeよりも高速にiPhoneを充電するワイヤレス!?充電システム「Magfaster」

iPhone12シリーズと共に発表されたMagSafeは我々を非常に魅力しました。
それは従来のQiワイヤレス充電では最速7.5Wでしかワイヤレス充電できなかったiPhoneが、倍のスピードの15Wで充電できるからです。
これは従来のLightningケーブルを使って充電した場合と殆ど変わりません。

ですが箱を開けて見るとMagSafeはApple純正の20W USB-C充電器を使わなければ15Wでの充電が出来ない事がわかったばかりか、AppleWatchと一緒にiPhone12シリーズを充電できる”MagSafeデュアル充電パッド”は電流を2つに分ける事でより出力が小さくなり、充電スピードも遅くなる事が分かっています。

またMagSafeの影に隠れて、iPhone12シリーズはLightiningケーブルでの充電を最大18W→20Wに引き上げています。

そこで今回は、MagSafeの様な制限はない上にiPhone12をほぼ20Wで充電可能な「Magfaster」をご紹介致します。


ワイヤレス化している様に見える”Magnetic Touch Sticky Pads”


では何故、この「Magfaster」はApple純正のMagSafeよりも高速充電できるのかと言いますと、”Magnetic Touch Sticky Pads”と言う充電アダプタに秘密があります。
この”Magnetic Touch Sticky Pads”はQiワイヤレス充電に対応していないスマートフォンをQiワイヤレス充電させる為に受電用コイルと、そして充電コネクタを持ったアダプタと似た様な構造になっており、”Magnetic Touch Sticky Pads”は各種充電アダプタ(マウント)からワイヤレスではなく、表面に見える4つのシルバーの電極を通じて流れる電流を中継し、iPhoneであればLightningコネクタを通してiPhoneへ充電電流を流す事で、有線で充電するのと変わらない環境で充電をする事ができるからです。

つまり「Magfaster」はワイヤレス充電ではありませんのでMagSafeよりも高速に充電できるのですが、使い勝手はと言うと、乗せるだけ、置くだけですからMagSafeとほぼ変わりませんし、Lightningコネクタを備えたiPhone全てで使用が可能です。

またLightningコネクタタイプの他にUSB-Cコネクタも用意されていますので、AndroidスマートフォンでUSB-Cコネクタを装備したものは、iPhone同様に急速充電可能にします。


スタンドやスマホリングにもなる”Magnetic Touch Sticky Pads”


そしてスマートフォンへの充電の橋渡しを行う”Magnetic Touch Sticky Pads”には、スマホスタンド及びスマホリングとしての顔を持っています。
今回、iPhone12 miniは片手持ちできるサイズにスケールダウンされましたが、その他の機種では従来通りが、iPhone12 Pro Maxは更に巨大化していますので、片手持ち操作できるもう領域ではありません。
そこでこの”Magnetic Touch Sticky Pads”は、充電パットを囲んでいるリングの部分が可動式になっており、立ててスマホスタンドとして利用できる他に、リングに指を通す事でスマホリングとしても使える様になっていますので、両手で操作する際もリングに指を通して置けば大きなスマートフォンを小さな手で挟まなくて良いので手指の疲れも軽減されます。


3種類の充電マウントとモバイルバッテリー


また実際に”Magnetic Touch Sticky Pads”を利用した充電を行う際に用いられるマウントは3つのタイプが用意されています。
1つ目の”Touch Magnetic Touch Car Mount”は車歳用のマウントで両面テープで貼り付けるタイプのマウントとなります。
次に2つ目の”Touch Magnetic Touch Desk Dock”は文字通りテーブルの上に置き、このマウントの上にスマートフォンを乗せる事で充電するマウントで、マウントそのものに少し傾斜がつけてあり、通知等も覗き込まなくても見やすい様になっています。
そして3つ目の”Touch Magnetic Touch Gaming Dock”ですが、これはスマートフォンを手に持ちながら充電する為のアダプタで、ゲームなどをプレイする際にマウントやケーブルが指に当たって邪魔にならない様にコンパクトに作られなおかつ充電ケーブルは背面(底面)から垂直に差し込む様になっています。

そしてこの他に”Magnetic Touch Power Bank”と言うバッテリー容量5,000mAhと10,000mAhのモバイルバッテリーも用意されており、モバイルバッテリーも”Magnetic Touch Sticky Pads”経由でスマートフォンを充電できる様になっています。
こちらも他のマウント同様にしっかりと磁力でスマートフォンに吸着しますので、充電しながらスマートフォンを使用してもスマートフォンを落としたりすると言う様な事はありません。


iPhone用専用ケースもラインナップ


また「Magfaster」には機種限定ですが、iPhone12 /12 Pro、iPhone 11/XR、iPhone 11 Pro、iPhoneX/XS向けのケースも用意されています。
と言いますのも”Magnetic Touch Sticky Pads”の特性上、スマートフォンに直接貼った上でコネクタに差し込む必要がありますので、一般のケースでは”Magnetic Touch Sticky Pads”がケースの中に入ってしまし、その都度ケースを外して充電しなければならず手間なので、iPhoneの一部の機種に限ってですが、専用のiPhone用ソフトケースがラインナップされていますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1427321085/magfaster-fastest-ever-magnetic-charging-system

すごい!!0.2mmの穴もしっかりと造形する事のできる高解像度・高速造形LCD-PLA 3Dプリンタ「IBEE」前のページ

連続使用時間は6時間、だけどエンドレスでバッテリー残量を気にせず使えるワイヤレスイヤホン「MIVO FOX」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    スマホからも充電できるaptX対応のBluetooth4.1ヘッドフォン「PUGZ」

    スマホで音楽を聴くとき、あなたはどんなイヤホンを使っていますか?スマホ…

  2. Newガジェット

    SOS機能やグラスブレーカー機能も付いたボルトアクションペン「GP 1945 Bolt Action…

    みなさんは筆記用具を選ぶ際にどう言う基準で選んでいますか?例えば書…

  3. Newガジェット

    水の中に衣類と一緒に入れておくだけで洗濯ができてしまう、洗剤も不要な不思議な洗濯機「WASHWOW …

    みなさんは洗剤不要で水だけで洗濯ができるって洗濯機があるって知ってます…

  4. Newガジェット

    音に反応して自動で転がるサイコロ「Boogie Dice」

    サイコロを使ってゲームをする時に上手にサイコロを振って目を出す事はでき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP