Newガジェット

使い捨てフロスの様に手軽に使えるが、実際には使い捨てではなく環境にも優しいエシカルなフロス「QicoBay C1」

みなさんフロス、日本風で言うと”糸ようじ”になりますが、使っていますか?
日本ではまだまだ歯医者さんでススメられてもフロスをされないと言う方が多いのですが、歯間、つまり歯と歯の間には歯ブラシの毛は奥までは入って行きませんし、その歯ブラシの毛の太さよりも間の狭い歯間にたまった食べ物カスをそのまま放置しておくとそこで雑菌が繁殖して虫歯や歯周病の原因となりますので、歯の表面を歯ブラシで丁寧に磨くのと同じ様に歯間の間に残っている食べ物カスを歯間ブラシによって除去したり、歯間の歯の表面を糸で綺麗に磨くと言うのは非常に需要になって来ます。

そして1番良いのが古くから使われているフロス(糸だけ)なのですが、フロスは糸が太く歯間に入り辛いためかなり両手の人差し指の指先に糸を引っかけ、奥歯などはかなり指を口の奥まで押し込み、糸ピンと張って歯間に押し込まなくてはいけないのですが、この作業で指や歯が痛いと言う事で避ける方が多いのですが、太いフロスの方が食べ物カスにも引っ掛かり易く押し出し易いですし、表面性が広いので磨くのも実は磨きやすのです。一方で糸ようじは糸が細いので歯間の食べ物カスが引っ掛からずに出て来なかったり、使い捨てなので環境に易しくない言うデメリットも持っています。

そこで使い捨てとフロスのメリット両方を備えたフロス「QicoBay C1」をご紹介致します。


クワガタの角の様なフロス


今回紹介するフロス「QicoBay C1」は、クワガタの角の先端に糸を渡したかの様に見えるのが特徴的なフロスで、使い捨てフロスの様に樹脂製の棒の先端に糸が渡してありますので、両方の手で糸を持ち、ピンと張った状態で歯間に押し込むフロスよりは非常に使い易く、短時間でフロス作業も終わらせる事ができます。

しかもスライダーでツノは出し入れする様になっていますので、持ち歩く際にはツノの部分を収納しておけばコンパクトで携帯にも便利ですし、糸も露出していませんので清潔的です。


同じ糸の部分は使わない、自動送り機構


え?でも先端に張った糸は同じものを使い回しするの?それとも使う度に自分で付け替えるの?と思われた方は多いと思いますが、そこはご安心ください。
この「QicoBay C1」の中にはドラム状に巻かれたフロスが収納されており、レバーを押し下げる際にフロスは送られ、新しい部分に置き換わる様になっているのです。
つまりフロスの汚れた部分はレバーを押し上げると送られ、そしてレバーを上げた時にはまだ使っていない部分のフロスが張られていますのでご安心ください。

またフロスの汚れた部分を巻き取るドラムと新品のフロスが巻かれているドラムは仕切られて接触する事がない様に設計されていますのでご安心ください。ただ食べ物カスのついたフロスの部分をそのまま巻き取って「QicoBay C1」の中で雑菌が繁殖したら嫌だなと感じられる方はフロスを流水で洗い流した後に水を切ってからレバーを押し下げる様にしておけば、そう気にする事はありません。


エシカル


そしてこの「QicoBay C1」は最近よく見聞きするエシカルな商品でもあります。
エシカル(ethical)とは、日本語で言えば”倫理的な”と言う意味になるのですが、実際には地球や環境に負担をかけないと言った意味で使われており、この「QicoBay C1」ではケースは再利用でき捨てるのはフロス(糸)だけですし、フロスは綿の糸ですか環境を破壊しません。
しかもこの「QicoBay C1」1巻分のフロスは使い捨ての”糸ようじ”100本分になるだけでなく、普通の糸フロスですと使用していない部分も含めてかなりの長さを1度にカットして捨てなければいけませんが、この「QicoBay C1」はそう言った無駄が一切ないのもエシカルであると言えます。

また、ケースのカラーはホワイトとブラックの2色ですが、ストレッチゴール達成の際にはカラー増えますので、詳細につきましては書きURLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/qicobay/qicobay-c1-worlds-1st-auto-restringing-flosser

こう言うのがあればあちこち痛くならなかったのに!!パッと広げてどこでも使えるポータブルテーブル「Nomad Desk」前のページ

サブウーファーを搭載する事で聴くだけじゃなく、サウンドを感じ取る事ができるワイヤレス・ワイヤード・ヘッドホン「Sonic Lamb」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    セルフクリーニング機能がついた、究極のモップ付きロボット掃除機「obode P8」

    ロボット掃除機が登場した頃はゴミをバッテリーがなくなるまで集めて吸い込…

  2. Newガジェット

    最大32台まで同時再生可能なAirPlay対応ワイヤレススピーカー「Luna」

    サラウンドシステムってご存知ですか?スピーカーをいくつも組み合わせて臨…

  3. Newガジェット

    青色LEDを使った硬化樹脂タイプの3Dペン「Polyes Q1」

    3Dペンってご存知ですか?3Dプリンターはモーター制御で精密なオブジェ…

  4. Newガジェット

    筆記用具としてボックスオープナーとして半永久的に使い続ける事ができるインクレス・ペン「Forever…

    みなさんは今の様に鉛筆やインクが出来るまで、何を使って書いていたかご存…

  5. Newガジェット

    タイヤまで外せてコンパクトになる超軽量16インチ変速付き折りたたみ自転車「pakiT」

    自転車を買う時に折り畳み自転車とジャンルの自転車を選択肢に入れた事って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP