Newガジェット

世界で初めて電気刺激で起こすスマートウォッチに睡眠管理機能が追加された「SHOCK CLOCK MAX」

朝、起きるのが苦手と言う方は目覚まし時計には滅法詳しいと思いますが、電気刺激で起こす目覚まし時計と言うか、スマートウォッチはご存じでしょうか?
電気刺激と言うとビリッっと感電する様なイメージを持たれるかと思いますが、今回紹介する”SHOCK CLOCK”シリーズは、世界で初めて電気刺激で起こす腕時計型の目覚まし時計で、いくつものバージョンを発表し、そして進化し続けて行っています。

この”SHOCK CLOCK”は触るとビリッっと来る様な高圧の電気を発生する様なビックリガジェットとは違い、どちらかと言えば電気風呂であるとか低周波治療器で流される筋肉が電子刺激によって筋肉がピクピクと動く様なビリ、ピクと言った電気刺激を与え腕時計をはめた腕をピクッっと動かす事で揺り動かして起こしているかの様な状況を作り出すだけですので、心臓に負担がかかったりすると言った様な事もなく安全に起こしてくれるスマートウォッチです。

そして今回紹介する「SHOCK CLOCK MAX」は起こすだけではなく、最近流行の睡眠トラッカー機能を搭載したハイエンドバージョンになります。


電気刺激に音と振動をプラス


今回紹介する「SHOCK CLOCK MAX」は電気刺激を使って起こすスマートウォッチなのですが、従来の”SHOCK CLOCK”では1回の電気刺激で起きなければ起きるまで2回、3回と電気刺激を与えていました。
ただ起きるまで電気刺激を与え続けると言うのも酷な話で、いくら電気刺激を受けても起きる事ができないだけでなく、電気刺激を苦痛だと感じてこのスマートウォッチを使用するのを辞めてしまうと言う最悪の状況を回避する為にこの「SHOCK CLOCK MAX」では電気刺激に加えて、アラーム、そしてバイブレーションを同時に使って起こす事が出来る様になっています。
また電気刺激、アラーム、バイブはそれぞれ0〜100%で変える事ができ、自分好みと言うか自分が起きる事ができる割合でそれぞれの強さ、大きさを設定する事で1回のアラームでも起きる事が出来る様に調整する事が出来る様になっています。

更にこの「SHOCK CLOCK MAX」ではこのスマートウオッチだけに頼るだけでなく登録された電話番号であったり、メッセージが送られて来ると「SHOCK CLOCK MAX」が反応して電気ショックやアラーム、バイブレーションなどで通知すると言った機能も備えており、もちろん家族や友人からの連絡に素早く気付く事ができるだけでなく朝、絶対に起きなければいけないと言った際に頼んでおいて何度もコールしてもらって起こしてもらうと言った事にも使えます。


睡眠を管理


次に最近のスマートウォッチの殆どは心拍センサーなどを搭載し、常時モニターする事で心拍だけでなく心拍から分かる呼吸、そして加速度センサーからの寝返りなどの動きの情報から就寝状態、睡眠状態を分析すると言った機能を持っていますが、この「SHOCK CLOCK MAX」にも心拍センサーが搭載され他のスマートウォッチ同様に心拍から睡眠の状態を把握し、睡眠の質等を評価してくれる機能を搭載しており自分の睡眠の質を客観的に知る事が出来る様にもなっています。


数々の補完機能


そしてこの「SHOCK CLOCK MAX」には一度起きたけれども眠気が取れなくて2度寝を防止する為にジャンプして眠気をスッキリと覚ますと言う”ジャンピングジャックス”と言う機能を搭載しており、起床後10分ないし20分は動かないとアラームが切れないと言う様なスパルタ的な機能を搭載しています。

更に動くのが苦手と言う方はパズルやゲームで頭をシャッキリとさせて目を覚まさせると言ったコンテンツなども用意されていますので、朝なかなか起きる事ができなくて困っていて興味を持ったと言う方は下記URLにて詳細はご覧下さい。

https://igg.me/at/shockclockmax/x/7929074#/

通信スピード最大300Mbps、自宅や旅行先でも使えるVPNルーター「Deeper Connect Air」前のページ

PCの操作が可能なランチャー機能を持つ3.5インチタッチパネルを搭載したUSB-Cマルチハブ「CopGain H3」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    TikTokを自撮りしたり、ビデオ通話するのにめっちゃ便利なスマホ用ジンバル「Pivo Pod X」…

    動きのある動画を撮影してTikTok等に投稿しようとすると最低でもカメ…

  2. Newガジェット

    空気清浄だけじゃない!!植物に必要な水分を自給自足する除湿機能付きのプラントポット「URBIE」

    植物が二酸化炭素を吸って酸素を放出する光合成はよく知られた光化学反応で…

  3. Newガジェット

    各社、カンやビンがそのまま入る真空構造の保冷タンブラーにピッタリな保冷アダプター「Tumbler B…

    夏はキンキンに冷えた飲み物もすぐに温くなってしまいますし、冷えた飲み物…

  4. Newガジェット

    塩分摂取を控える様に言われている方、減塩しようと思っている方の為のサルトシェイカー「PINCH BA…

    高血圧や糖尿病、腎臓疾患などで塩分摂取を控える様に言われているけれども…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP