Home

KURA BASE

車で交差点に停車中にスマホを見ていて後ろからクラクションを鳴らされた事はありません?それを防止する「Redlight Greenlight」

みなさんは次の改正道路交通法案でスマートフォンや携帯電話を運転中に持っていたり使ったりしていた時の刑罰が今よりより厳罰化される事はご存じでしょうか?
今は携帯電話やスマートフォンを使用していると軽微な違反であれば反則金9,000円が課せられ違反点数2点が加算されるのですが、意外と知られていないので通話やメールやLINEをしていなくても手に持っているだけでも反則金6,000円と違反点数1点が加算される様になっており、もし事故を起こした様な場合や悪質な場合で刑事訴追された場合は「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が課せられる事になっていて有罪になった場合はもちろん前科がつきます。

それが次の改正道路交通法案では、「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」が「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと引き上げられると共に、今までなら”交通反則通告制度”で反則金を払い違反点数が加算されていた様なケースも全て刑事訴追される事になります。
つまり、もし次の改正道路交通法で法案が成立すれば電話をしたりLINEでスタンプを送っている時に現行犯逮捕されるだけで刑事訴追されると言う恐ろしい事態になるのです。
また手に持っているだけの状態の場合でも、現行の罰則は「5万円以下の罰金」となっているのですが、「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化されます。

つまり、運転しながらスマートフォンに目をやっただけで大変な事になると言う事だけはご理解頂けたでしょうか?

つまり停車中に見る以外に(実際は停車中でもグレーゾーンではあるのですが)ない、交差点で赤信号で待っている時に信号が変わっているのに気が付かずにスマートフォンを見ていて後ろからクラクションを鳴らされる機会が増える事があるかもしれません。それを回避するのが今回紹介する「Redlight Greenlight」です。

全文を読む

最大3kgまでのモノをぶら下げる事のできる150cm四方のナノサクションマット「nanoMAT」

今住んでいる家が自己所有であれば、ここにちょっと棚が欲しいなぁ〜、ここにタオルを引っ掛けるフックが欲しいなぁ〜、ここに絵を飾りたいなぁ〜と言う時でも自分の所有物なので釘を打とうがネジをねじ込もうが気にしなくても大丈夫なのですが、賃貸となるとそうは行きません。

そこで便利なのでホッチキスの針で石膏ボードに取り付ける事のできる金具です。
昔なら石膏ボードの壁に棚でも取付ようものならボードアンカーを打ち込んだり、柱の通っている場所に木ネジを使って固定しなければなりませんでしたので賃貸では壁に棚を取り付けると言うのは原状復帰させなければならない事を考えるとかなりハードルの高いものでした。
ですが、このホッチキスの針で取り付けられる金具が売られる様になり随分と気を使わずに棚もぶら下げる様になったのですが、これが使えるのは石膏ボードだけであって、タイル壁のキッチン、FRPのお風呂、木製や鉄製のドアや壁となると無理ですし、かと言って強力両面テープを使うのも後で剥がすのが大変ですし、もし張った場所が化粧板で作られたもので、表面の化粧フィルムでも剥がれた日には、補修費にいくら取られるか……

そこでどんな場所にでも後を残す事のなく取り付けられるナノサクションマット「nanoMAT」を今回はご紹介致します。

全文を読む

ちょっとした工夫で泳ぎやすく、歩きやすくなった泳ぐのに最適な足ヒレ(フィン)「aquabionic system」

みなさんは海や湖や川に泳ぎに行った時に”足ヒレ(フィン)”は使いますか?
足ヒレにはストラップタイプとフルフットタイプの2種類があり、ストラップタイプはマリンブーツを履いた足にベルトで固定しますので、海岸等で水辺まで歩いて行って装着するのに向いているのですが、ベルトで固定しますのでどうしてもフィンを動かした時の負荷が足の甲にかかりパワーを入れてフィンを動かせない&痛いと言う欠点を持っています。
一方フルフットタイプは靴とフィンが一体化していますので、フィンを動かすとその負荷は足首ないし膨ら脛にかかり、ストラップタイプと比べるとフィンをより力強く動かす事ができますので早く移動できるだけでなく、足が痛くなると言う様な事もストラップタイプと比べると遙かに少ないのが特徴です。
ただ先の長いフィンが邪魔をして普通には歩けない上に、素足で履くのでフィンを脱いで移動するとしても足下の悪い岩場や火傷しそうになるくらい熱くなった砂浜では足を怪我しますので船上等からそのまま水に入る様な場合に適しています。

と言う様に両者には一長一短があるのですが、今回紹介させて頂きます足ヒレ「aquabionic system」はまさに理想的なフィンで、誰もが欲しがるのは間違いありません。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。