Newガジェット

睡眠中でも違和感なく使えるヘッドフォンバンド「SleepPhones Effortless」

夜、眠れなくてヒーリング音楽をかけたり好きなアーティストの曲を聴きながら眠る事ってありますか?
例えばストレスがたまってイライラしていたり、疲労がたまっていたりするとなかなか夜、ベッドや布団の中に入っても眠る事ができませんよね。
ですので睡眠導入剤を使ったりする人もいますが、睡眠用のヒーリングBGMって言うCDも何枚もリリースされていますからそう言うものをかけて眠りに落ちる方もおられるでしょう。

ですが、パートナーな子どもが一緒に寝ていて音が気になって眠れない、なんて言われるとなかなか音楽を流してって難しいですよね。かと言ってヘッドフォンをすると、オーバーヘッド型だと寝返りすると耳パッドが邪魔で寝返りできませんし、インナー型でも枕を使わないで寝ていると横向きに寝るとヘッドフォンが耳に刺さって痛くて寝られないですよね。しかもワイヤー型だとケーブルが首に巻き付かないか心配ですし、かと言ってワイヤレス型だとどうしても外れやすかったり。

そんな欠点をクリアして就寝中でも快適に使えるようにしたヘッドフォンがこの「SleepPhones Effortless」です。


この「SleepPhones Effortless」は見た目はヘアバンドです。ですがこの中にスピーカーと、アンプとバッテリーとBluetooth受信モジュールが入ったメインモジュールが縫い込んであります。コントローラーもスピーカーも寝返りを打って頭や耳で圧迫しても耳や頭に痛みを与えない様に非常に柔らかな素材で作られています。(コントローラーは厚さわずか4mmでかなりソフトにしなやかに曲げる事ができます)しかもヘアバンドですから伸び縮みしますし、伸び縮みしてもちゃんと耳にスピーカーが持って来れる様な特殊な構造になっています。

再生や充電に関しては、再生は10~13時間の連続再生が可能で、フル充電にかかる時間は3時間。充電には専用の充電台が付属しており、クリップの様なこの専用の充電台にコントローラーを挟む様にセットすれば充電されます。
またハンズフリーにも対応しており、コントローラーはタッチセンサーになっていてここをタッチする事によって電話を取ったり、曲の再生・停止、早送り・巻き戻し等々、一般的な操作可能なヘッドフォンに備わっている機能は持っております。

次に「SleepPhones Effortless」ですが、「SleepPhones Effortless」の他に「RunPhones Effortless」があります。違いはヘッドバンドに使っている生地でSleepPhonesは水着の様なフリース生地(ちょとサラサラなのかな?)、RunPhones は吸湿発汗性の強い素材を使っていますので、RunPhones の方はフィットネスやランニングでの使用を考え吸湿性の高い生地が使われています。そしてどちらも汗を吸ったり汚れたりしますので洗濯機で洗う事ができます(乾燥機不可)。

その他詳細については下記URLをご覧ください

https://www.kickstarter.com/projects/acousticsheep/sleepphones-effortless-wireless-headphones-and-cha

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

https://www.rakunew.com/items/72341

内緒のポケットがついたiphone6 iPhone6s専用アルミケース「Gresso Slider」前のページ

ギターを使ったスラム奏法の幅が広がるMIDIパッド「ACPAD」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」

     よくブルーライトは目に悪い!!と言われ、スマートフォンにブルーライト…

  2. Newガジェット

    バックパックで旅行に出かけるのなら選択すべき唯一無二のトラベル用バックパック「Airback」

    寒くなって来たこれからの時期の旅行は衣服が多くなるため、旅行バッグも一…

  3. Newガジェット

    キャッシュレス時代にピッタリの嵩張らない極小・極薄財布「SLIM WALLET」

    昨年末に登場した”PayPay"と言うソフトバンクとヤフーが出資して作…

  4. Newガジェット

    エアロゲルと言う素材を使う事で-40℃の極寒にも耐え洗濯機でも洗える寝袋「Aerogel Sleep…

    寝袋(シェラフ)にはマミー型と封筒型の2種類があり、冬キャンプにおいて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP