シリアル接続の砲弾型フルカラーLEDキタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!

SparkFunが、WS2812コントローラー内蔵の8mm砲弾LEDの取扱を開始した!!

今までこのフルカラーLEDはSOP(面実装)品しかなかったので、ユニバーサルボード当でサインボードとか手軽に作れるようになった!!

https://www.sparkfun.com/products/12877

内蔵のコントロールICがWS2812なので、Adafruit_NeoPixelのライブラリがそのまま使えて、Arduinoで制御可能
WS2812BのチップLEDが0.1uのコンデンサが必要だったのに対して、こいつはそのコンデンサも不要になった。

って事でLEDの他につけるものはないので、LEDでサインボード作ったり、テール作ったりするのには最適!!

ただ取扱を開始したのはレンズが乳白色のもので、クリアのものはまだなようだ。データシートを見ると、レンズがクリアなタイプのものもある

WS2812が何かわからない人の為に再度解説しておこう。

VDD,GNDの他にシリアル通信用のIN,OUT端子が1本ずつあり、規定のパルスでRGBの24bitデータパケットを送ればコントローラICがそれを受信して
内蔵のRGBLEDを光らせるLEDなのだ。通信用のピンが1本なので、配線がめちゃ簡単なのが特徴。

しかも電流制限用の抵抗とかは不要。電源も5Vなので5VのArduinoだと、5Vの電源ユニット1個で済むのでコンパクトに設計可能。

1パック5個で$2.95なので約300円

とありえず10パックほど注文してみたので届いたらまた実験報告を

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です