首の不快感を癒やしてくれるだけでなく、リラックスして眠りにつく事のできる枕「Jself Pillow」

なかなか寝付けない様な夜、みなさんはどの様な対策をしていますか?
日頃は横になるとスッと眠りに入る様な方でも、腰が痛かったり首や肩が痛かったりすると傷みの少ないポーズを見つけて何とか眠りについたりしますが、そのポーズが見つからないとなかなか眠りにつく事ができません。

腰の場合は横を向くと比較的楽な方が多いので、軽度の腰痛でなかなか寝られないと言う方は少ないのですが、首や肩の痛みは横を向いても下を向いても、当然上向きになって寝てもなかなか寝れず、クッションやタオルを使って枕を高くしてみたり、逆に枕を抜いて低くしてみたりして試行錯誤している間に知らない間に疲れて、睡魔に負けて寝ると言うのが一般的なパターンです。

ですがそうやって寝る事ができたとしても、寝るまでに相当な時間が経過していますので、寝る事ができたとしても寝不足気味でしょうから、翌日の仕事や勉学に少なからず支障が出て来ますし、これが2〜3日続けば更に支障をきたします。

そこで今回は、そう言う首や肩の不調でなかなか寝る事ができないと言う事が度々起こる方に使ってもらいたい枕「Jself Pillow」をご紹介致します。


首元を優しくマッサージ


今回紹介します「Jself Pillow」と言う枕の1番の特徴は、マッサージ枕であると言う点です。
枕のスイッチをONにして横になると首が当たる部分に仕込まれたバイブレーションモーターが振動して枕に当たった首元部分を優しく振動でマッサージを行い、血行を促進して首が抱える不快感や痛みを取り除く効果があります。
また一晩中マッサージを行うのではなくちゃんとタイマーが入っており、動作スタート30分で「Jself Pillow」は電源OFFへと自動的に移行し、一晩中、朝起きるまでマッサージを続けるのではないのでご安心ください。


ヒーターで首も温め


そしてこの「Jself Pillow」では首が当たる部分に3本のストライプ状のグラフェンシートを貼り付けており、グラフェンシートに電気を通す事で首だけを温める構造になっており、温めると逆に寝る事ができない頭そのものは温めない工夫が施されています。

そして枕のクッション材には枕では珍しく天然ゴムが使われて高反発素材の枕になっており他、雑菌の繁殖を抑える為にエアーセルと言う空気の流通を即してドライ性を保つ工夫が施されているだけでなく、グラフェンシートを使う事でこの「Jself Pillow」の枕カバーは洗う事ができる様になっており小まめに洗濯できる様になっていて清潔を保つ事ができる様になっています。


音楽ヒーリング効果


そして「Jself Pillow」では首のバイブレーションモーターによるマッサージとグラフェンヒーターの温め効果にプラスして、Bluetoothスピーカーから再生される好きな楽曲のヒーリング効果(Bluetoothスピーカーも30分でOFFになります)でゆったりとした満たされた気持ちになり首や肩の不快感も忘れてスヤスヤと眠りにつく事ができますので、もしよく寝付けない事が多くて「Jself Pillow」の興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://igg.me/at/jself/x/7929074#/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です