360°ターン、クイックリリース、そしてポケットサイズが特徴的なスマートフォン用ジンバル「SMOOTH-Q2」

最近の高級なスマートフォンには光学手振れ補正やデジタル手振れ補正機能がついていたりしますので、昔の様にスマートフォンで動画を撮影した時に画面がブレて見辛いと言う事は少なくなって来ましたが、それでも移動しながの撮影時には画面は上下しますし、身体の向きに合わせて画面も左右に揺れますので、完璧に静止した映像を撮影すると言うのは無理です。

そこで便利なのがジンバルと言うガジェットです。

ジンバルと言うのは正確には回転台の事で、カメラを上下左右に動かす装置の事なのですが、ジンバルと言えばスタビライザー(手振れ補正)機能を持ったモノを総称として今はジンバルと呼んでいます。

そしてスマートフォンをジンバルにセットする事で手振れはもちろん、身体の揺れに合わせて動いていた画面の方向をピッタリと一点を静止して向く様に固定する事もできますし、ボタン操作で一定速度でカメラの向きを変える事もできますので、よりプロっぽい映像を撮影するには不可欠なガジェットになっています。

そんなジンバルは既に数多くのメーカーがたくさんのジンバルをリリースしていますが、今回紹介する「SMOOTH-Q2」はユーザーの立場に立ち設計されたと言っても言い過ぎではないジンバルです・


ジャストポケットサイズ


まずこの「SMOOTH-Q2」は3軸のジンバルで上下左右の他にセットしたスマートフォンを回転させて縦撮り、横撮りと自由に撮影アングルを変える事ができるのですが、それぞれの軸には必ずモーターが内蔵されている上に、スマートフォン向けのものはスマートフォンを挟み込むアダプターがヘッド部分に固定されていますので、ポケットに入れると言う事がまず不可能です。

ならポケットに入れなければ良いじゃんと思われるかもしれませんが、すぐに取り出して撮影が開始できる場所にジンバルを収納しておきたいと言う事になるとポケットが1番最適なのですが、従来のジンバルはポケットに入れて移動すると落としそうなくらい飛び出ており入れて移動する事に結構不安があるのですが、この「SMOOTH-Q2」は普通のジーンズのポケットにもスッポリ入り落とす心配をしなくても良いのでオススメです。


クイックリリースヘッド


また前述したポケットにスッポリ入るのはスマートフォンのホルダーがこの「SMOOTH-Q2」は脱着できる様になっている事も1つの要因です。
スマートフォンのホルダーはスマートフォンを挟み込みますのでスマートフォンの横幅はキッチリありますので、各軸のモーターとホルダーが邪魔をしてポケットに入らないのですが、この「SMOOTH-Q2」はそのホルダーが外す事ができるのでポケットにスッポリと入るのです。

また「SMOOTH-Q2」を使って撮影中にスマートフォンに着信があったあった場合、従来のジンバルはそう簡単にスマートフォンを取り外せませんので横置きで撮影している様な時はジンバルにセットされたスマートフォンの向きに合わせて顔の位置を変えたりしなければならず電話し辛いのですが、この「SMOOTH-Q2」はロックレバーをリリースする事で瞬間的にスマートフォンを取り外す事ができまた、すぐに撮影を始めたいと言う時も予めホルダーをスマートフォンに取り付けておけばロックレバーを倒すだけでセットできますのでとても便利なのです。


360°ローテーション


そしてこの「SMOOTH-Q2」の可動範囲は上下方向は305°、回転方向は265°と360°以下なのですが、左右だけは360°回転させる事ができグルグルと回す事ができる様になっていますので、被写体を自動追跡して撮影する様な場合に左右の回転にリミットが決められているとリミット限界でジンバルの回転が終わってしまいますので被写体を追い続ける事ができないのですが、この「SMOOTH-Q2」は360°追う事ができるのが魅力的です。

また連続稼働時間は16時間とタイムラプスやモーションラスプ撮影にも向いていますし、専用の撮影用アプリケーション”ZY Play”には様々な撮影モードが用意されており色々な映像を撮影する事ができる様になっていますので、もし興味を持たれた方は下記URLにて詳細はご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/zhiyun/zhiyun-smooth-q2-a-truly-pocket-size-advanced-mobile-gimbal

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です