フィギュアやジオラマなどを撮影する時に便利な画像処理機能も備えた自走ドリー「Trexo Wheels」

今では動画を撮影を補助する装置も増えて様々な映像表現を行う事ができる様になりましが、ことフィギュアやジオラマを撮影するにはカメラを少しずつ移動させながら撮影するストップモーション撮影を行うのが一般的です。

ですが最近ではスマートフォンで操作できるレールシステムやスマートフォンでコントロールできるドリー(車輪のついた三脚)と言った装置もありますが、レールは決まった軌道しか移動できませんし、ドリーも移動スピードは設定できるものの、方向を自在に変更できる訳ではないので使い勝手が良いとは言えません。

そこで今回は、思い通りの撮影が可能な自走ドリー「Trexo Wheels」をご紹介致します。


視覚的にコースを設定


一般的な自走ドリーは一定方向にしか走行せず、しかも設定はスピードが、タイムプラス画像にするのであれば何秒単位、何分単位でどれくらいの量の距離を移動するのか?と言った様な今年か設定できません。
一方この「Trexo Wheels」はと言うと、真っ直ぐ進む他に曲がる事もできるのですが、数値的に何センチ動けばどちらの方向に何度回転して進むと言った様な設定の仕方ではなく、スマートフォンにインストールした専用アプリケーション画面上で画面を指で撫でる事で何と移動コースを決める事ができるのです。

そしてその方法は至って簡単で、マーカー兼スタートポイントとなる台紙を撮影を開始するスタートポイントに置いた後にスマートフォンの画面でマーカーを含めて撮影する被写体が入る様に真上から撮影します。

そしてスマートフォンの画面上で移動コースを描けば,後は移動スピードを設定してスタートボタンを押すだけです。
なおこの「Trexo Wheels」には最大1.1kgまでの機材を載せる事ができ、三脚ネジがついていますので、デジタル一眼レフやビデオカメラ等はそのままマウントできますが、スマートフォンは別途、ホルダーの購入が必要となります。

そして数値を入力しての撮影移動ですが、こちらも直線だけではなく円を描く様にも移動させる事ができ、その場合は半径何センチの円周上をどれくらいの角度分をスピード(所要時間)いくつくらいで移動させるのかを設定して撮影する事も可能です。


ティーチング&GO


そして、動きが直線の動きだければよければ、何と直接「Trexo Wheels」を動かしてどこからどこまで動くのかと言う事を教える事が、この「Trexo Wheels」では可能です。
まず最初にスタート地点に「Trexo Wheels」を置き、そして手で「Trexo Wheels」を動かして終点まで持って行き、その後スタート地点に戻して、スマートフォンを操作して自走させると言った具合です。
これならいちいちスケールを使用して移動距離を測って入力してなんて言う手間を省く事ができます。


ターンテーブル的な使い方も可能


そしてこの「Trexo Wheels」は表裏を裏返し付属の円盤をセットする事でターンテーブルとしても利用する事ができます。
ターンテーブル時も360°回転させる事もできれば、ある決まった角度だけ回転させて止めると言う使い方もできますし、あとケーブルでデジタル一眼レフとは接続でき、「Trexo Wheels」からデジタル一眼レフのシャッターの制御も行ったりする事ができ、動画だけでなくタイムラプス的な画像を撮影すると言った事にも使えますので、もし興味を持たれて詳細をご覧になりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/1592205788/trexo-wheels-worlds-first-image-processing-table-top-dolly

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です