遂に透明人間になれる時が来た!!自分の姿を完全に消す事が出来るパネル「Invisibility Shield」

みなさんは透明人間になってみたい!!と思った事はありませんか?
透明人間と言えばドラえもんがポケットから取り出す”透明マント”が1番に目に浮かびますが、自分の姿が見えないと言う事は、かくれんぼをすれば絶対に見つかる事はありませんし、鬼ごっこでも捕まりませんし、いたずらだってし放題に出来ます。

そして今、実際に透明マントは実現され現物としてカナダの軍服メーカー、ハイパーステルス・バイオテクノロジー社が”量子ステルス”と言う完全に姿を消せるシートを作り出しています。

今回紹介する透明になれるパネル「Invisibility Shield」も基本的には同じ技術を使っていると思われますが個人で買える価格設定なので、紹介させて頂きます。


光を屈折させる事で見えなくするレンズ


今回紹介する「Invisibility Shield」が何故、自分の姿を消す事ができるのか?
それはみなさんがよく知っている光の屈折を利用しているからで、自分側ではなく、自分を見る人の側に半円形カマボコの様な形状のレンズビッシリと並べる事で「Invisibility Shield」を通して見える自分の姿はレンズによって相手の視界の外へと屈折させて見せない様にした上で、自分の周りの景色を屈折させ自分の正面にその屈折させた景色が見える様に仕向ける事で自分の姿を見事なまでに消しています。

ただ自分の姿を消すには距離が非常に重要で、相手から「Invisibility Shield」までの距離、そして自分から「Invisibility Shield」までの距離を正しく取る事で初めて見る事ができるので、どの様な状態でも姿を消す事が出来る訳ではありませんし、自分のバックの景色とサイドの景色が違えば、それは違和感となって相手に伝わるので、できるだけこの「Invisibility Shield」を使用する場合はバックの景色が連続して同じである必要があるなど制約もありますが、消す事ができれば、相手をビックリさせられるのは間違いありません。


サイズは2種類


では「Invisibility Shield」はどれくらいのサイズなのかと言いますと、2つのサイズがラインナップされています。
Full Sizeは縦950mmで横は650mm、smallは縦310mmで横210mmなので、smallは座って身体を縮めても身体を隠す事はできません。

ただ「Invisibility Shield」はFull Sizeの方は積み上げたり横に並べたりする事で、より広い面積を多い隠す事ができますので例えば家を消すマジックをやってみたりだとかそう言った事も出来る様になっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/invisibility-shield/invisibility-shield

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。