Newガジェット

パワフルなGPUは不要。スマホやPCインストールされているChromeやSafari等のブラウザで使える3Dスキャナ「THREE」

3Dスキャナの原理は距離センサーを使い3Dスキャンする被写体までの3Dスキャナまでとの距離を計測し、それを空間プロットする事で3Dデータ化するのですが、データとしては座標データですのでデータ量としてはそれほど多くはなく、あまり処理能力の高くはないスマートフォンなどを使って3Dスキャンを行う事が出来ます。

一方で3Dスキャンしたデータに被写体をカメラで撮影したカラーデータを合成した3Dデータは座標に加えてカラーデータが加わる上にカラーデータを処理するのにCPUダケでは無くGPUの性能能力が高いPCなどを使ってデータを処理しませんと、大きさ3cmのアヒルを3Dスキャンしたとしても何十分もの時間を要して実用的とは言えませんし、本当に性能の低いPCでデータを処理させるとデータ作成が終わらずに終了していると言う様な事も多々あります。

だからと言ってPCやスマートフォンを3Dスキャナのためだけに買い換えると言うのも勿体ない話です。
そこで今回は、非力なPCやスマートフォンでもブラウザを使って簡単に3Dスキャンが行える3Dスキャナー「THREE」をご紹介致します。


Webシステム搭載3Dスキャナ


今回紹介する3Dスキャナはwebシステムを搭載しており、PCやスマートフォン、タブレットなどにインストールされてあChrome、Safari、FireFoxなどのブラウザを使ってインターネットのwebページにアクセスする感じでこの「THREE」にアクセスする事で3Dスキャンが行える非常にユニークな3Dスキャナになります。
それによってこの「THREE」では、専用アプリや市販されていたりフリーで公開されている様な3Dスキャンアプリをインストールする必要はなく、3Dスキャナ「THREE」そのものがスキャンされたオブジェクトのデータを処理してくれますので、私たちはスキャンされたデータを受け取るだけです。

そのためGPUが強化されたゲーミングPCの様なPCを持っていなくても3Dスキャナが行えますし、もちろんGPU負荷の高いカラーマッピングなども3Dスキャナ側で行ってくれますので、3〜4世代古いスマートフォンやタブレットでも身の回りにあるものを何でも3Dスキャンを行いデータ化する事ができます。


3Dスキャン性能


次にこの3Dスキャナ「THREE」のスキャン性能ですが、この3Dスキャナは最近増えて来た手持ちで3Dスキャン可能な3Dスキャナではなく古くからある三脚などで固定して3Dスキャンを行う3Dスキャナーになります。
ですので3Dスキャンを行う被写体までの距離がスキャン可能なサイズに影響し、3Dスキャナまでの距離が220mm以下の場合、XY解像度は37μm、Z軸解像度は50μm、距離が400mm以下の場合はXY解像度は65μm、Z軸解像度は150μm、距離が700mmになるとXY解像度は114μmでZ軸解像度は400μmで、最大で800mm四方の被写体を3Dスキャンする事が可能ですが、内蔵メモリが16GBですので、フィギュアの様な複雑な形状をしたものを3Dスキャンした場合、メモリー付属でスキャンが終わらない可能性がありますので、形状や大きさは特に重要です。

またターンテールが付属していますのでターンテーブルに乗るのもであれば360°回転させながら100%立体スキャンする事が可能で、スキャン後に底が見える様に向きを変えてターンテーブルに置きスキャンする事で自動的に合成して完璧な3Dデータの作成を行えますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/matterandform/three-the-incredibly-capable-3d-scanner

ネコにとっての使い勝手の良さや、安全性を考えた結果、オープントップにしたネコ用全自動トイレ「Neakasa M1」前のページ

壊れる事のないマグネットフィリップジッパーによって素早く荷物の取り出しが出来るスリングバッグ「MagGo 3.0」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    靴を脱いだ後の足の臭いが気になる方へ。足の臭いを低減するインソール「Gravity Insoles」…

    長時間靴を履いて脱いだ後の異臭は、臭いの元となる空気中の雑菌が靴の中で…

  2. Newガジェット

    1500W MPPTコンバータ搭載でキャンピングカーに搭載するのにも最適なポータブル電源「Gendo…

    よくモバイルバッテリーやポータブル電源と共にこれらバッテリーを充電する…

  3. Newガジェット

    組み立て式ながらZ軸16点キャリブレーションで初心者でも失敗しないFDM3Dプリンター「WIZMAK…

    3Dプリンターの中でも最もメジャーなFDM方式の3Dプリンターは、精度…

  4. Newガジェット

    MTBの激しい走りにも耐えられるフォークと一体化するサイクルコンピュータ「CoreCap」

    野山を駆け巡るMTB(マウンテンバイク)は1つコース取りを間違うと転倒…

  5. Newガジェット

    スッと差し込みスゥ〜と引き抜く、摘まんで開ける必要のないリボンの様にも見える次世代型no洗濯バサミ「…

    みなさんは毎日使う洗濯バサミがもっと使いやすくなればいいなぁ〜と思った…

  6. Newガジェット

    木の上にも設置可能なハンモック型1人用テント「Crua Hybrid」

    今年の春先から夏にかけて本州でよく森に熊が出て襲われて死亡された方もお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP