非常に高い拡張性能を持ったラジコンとしても遊べるプログラミング・クローラー・ロボット「RVR Robot」

いよいよ来年、2020年からプログラミング教育が小学校から導入される事から関心を持たれている親御さんは多いかと思います。
ただいくら親が感心を持っていても子どもさんが興味を持たなければ他の教科と同じで身に付くものではありません。

それにスクラッチの様なタイルプログラミングをさせられても、理解の早い子もいれば遅い子もいますし、興味を持ってどんどん自分でプログラムを発展させて行く子もいれば、友達がやっているのを眺めている子もいるでしょう。

ただそうやって興味の分かれる子も、まずは動かして見ようとコントローラーを渡されれば誰もが楽しく走らせて遊ぶはずです。

そしてどうやってコントロールしているのか?と言う疑問からディープなプログラミングへと導いてくれるクローラー・ロボット「RVR Robot」をご紹介致します。


非常に高い登坂性能

まずこの「RVR Robot」はクローラー、つまりキャラピラを装備して非常に登坂性能、悪路の走破性能を持っています。ですので、他の同ジャンルのプログラミングロボットの様に平坦な室内や、舗装された道路しか走らせられないではなく、非常に歩き辛い砂利道や凸凹した道、障害物などを乗り越えて悪路をこの「RVR Robot」は走行させる事ができますので、子ども達もその悪路の走破性の高さに非常に興味を持ち、こんな障害物は乗り越えられるかな?これならどうだろ?と次々と工夫して、まずはコースを作り「RVR Robot」を走らせて遊ぶと言う事ができます。

内蔵センサーだけでも自立走行可

そして十分に走らせて遊ぶ楽しさを覚えたら、次はプログラミングをとなるのですが、まずこの「RVR Robot」にはカラーセンサーと言って色を見分ける事ができるセンサー、そしてIRセンサーと言って赤外線信号を受ける事ができるセンサー、光センサーを搭載しており、これらセンサーだけでも簡単な自律走行なら行わせる事ができます。
例えば色センサーであれば、車体底部のカラーセンサーで赤、青、緑のラインが引かれた道のうち、赤色のラインに沿って走行させると言ったプログラムや、赤を検出したら右に90度曲がる、青なら左に90度、緑なら180度回転して元に戻る、なんて言うプログラムを書いて自動走行させるのも面白いかもしれません。

そしてこの「RVR Robot」にはスクラッチやブロックリーの様なタイルプログラミングに入る前段階として”DRAW”と言うプログラミングモードを持っている事です。
これは前述したカラーセンサーを利用したプログラムを、絵を描くのに似た様な感じでできるのが斬新的です。

拡張にはマイコンボードが必要

そしてこの「RVR Robot」には入出力としてUSBとUSARTを備えていますので、RasPiやArduino、micro:bitと言ったマイコンと連携させてセンサーを使った自動走行を行わせる事も可能です。
ただそうなると本格的にプログラミングを行う必要がありますが、RasPiをベースに画像センサーを使いOpenCVと組み合わせるだけで障害物を避けて自動走行する車両が簡単に出来上がりますし、顔を登録した人の後ろについて走行するロボットを作ると言った事などもできるなど、非常に拡張性の高いクローラーロボットとなっていますので、詳細につきましては下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/sphero/sphero-rvr-the-go-anywhere-do-anything-programmabl

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です