Newガジェット

あの電流を流して起こす腕時計が5年の歳月を経て、より確実・完璧に起こす腕時計になった「SHOCK CLOCK 3」

”SHOCK CLOCK”は文字通り、ビリッっとする電流を流す事で起床を促す腕時計で、慣れて目が醒め辛くなっていた方や2度寝3度寝してしまい、再び遅刻する様になっていた方でも再び遅刻せずに起床できる様にするバージョンアップが何度か繰り返されています。

ただそれでも起きられないと言う方は一定数いたのですが、今回紹介する差し品の「SHOCK CLOCK 3」ならもう起きずには絶対いられません。


確実に起こす秘策は!!


今回「SHOCK CLOCK 3」で新たに取り入れられた秘策は、エクササイズとパズルです。
まずエクササイズは決められた回数ジャンプしなければアラームは解除されない仕組みになっており、ジャンプしている間に目が確実に醒めるであろうと言う方はこのジャンプを選べば遅刻を避ける事ができます。
また寝ていてもジャンプが出来てしまう様な方で、頭を使い考える事で目覚める事ができると言う方は頭を使うパズルが用意されていますし、それでも寝てしまうと言う方には、別な部屋に貼ったQRコードをスマートフォンで読み取るまではアラームは止まらないとメニューも用意されており、確実に行動させる事で目覚めさせるメニューが追加されています。


2度寝防止


更に「SHOCK CLOCK 3」では2度寝、3度寝を防止する機能を搭載しています。
具体的には「SHOCK CLOCK 3」に内蔵されたセンサーで、、再びベッドや布団、または床の上等で横になって寝たのを検知すると再びアラームをONにして起こしますし、起きて寝て、また再び寝てもまたこの「SHOCK CLOCK 3」はアラームをONにして起こすと言う、確実に起きた事が分かるまで「SHOCK CLOCK 3」は起こす事を止めない仕組みなっています。


電気ショックはちょっと….と言う方には


またいきなり電気ショックに起こされる事に恐怖や嫌悪感があると言う方には、普通に音によって起こすアラームモードが用意されていますし、もちろんバイブレーションも用意されており、電気ショックは最終手段にする事もできます。
また段階によってアラームにするのかバイブにするのか電気ショックにするのかも選べ、アラームやバイブで起きなければ最終的に電気ショックで起こすと言う設定も出来ます。

また寝ぼけて腕時計を外さない様にロック装置までついていますので、寝ぼけて外して起きる事ができなかったと言う事も避けられますし、誰かに電話して起こしてもらうと言う様な事もでき、この場合指定された番号からスマホに着信があった場合、アラームで起こすのかバイブで起こすのか、電気ショックで起こすのか、自分自身で選ぶ事ができる様にもなっていますので、もし興味を持たれた方は詳細は下記URLをご覧ください。

https://igg.me/at/sc3/x/7929074#/

スタンドに立てかけたりテーブルに置いたりしてガタガタしない厚さ1mmのスマートフォンリング「goBelt C1」前のページ

ただ距離を計測するだけじゃない、計測したデータから立体3D図面まで起こせるレーザーメジャー「MEAZOR 3D」次のページ

関連記事

  1. Newガジェット

    フィルターを落下させない、そこがポイントの一眼レフ用NDフィルターシステム「POCO」

    その昔は、写真に特殊な映像加工を施そうと思えばフィルターを使うしかあり…

  2. Newガジェット

    Qiワイヤレス充電に対応し、運転中の挙動を自動検出し自動点灯するフルオート自転車用LEDテールライト…

    自転車での通勤や通学において周囲が暗く、ヒヤッっとする事が多く、自転車…

  3. Newガジェット

    バッテリー切れで悩まされる事はない!!連続再生時間8時間のTWS Bluetoothイヤホン「MEZ…

    充電ケースから取り出すと自動的に電源がONとなりスマートフォンやオーデ…

  4. Newガジェット

    お魚を飼うと同時に水耕栽培(アクアポニックス)を楽しむ事ができるアクアポニックス「EcoQube C…

    みなさんは”アクアポニックス”ってご存じでしょうか?あまりメディアに取…

  5. Newガジェット

    カラビナ以上に使い易い、どこにでも引っ掛ける事ができるフルチタン合金製キーフック「Handgrey …

    よく、鍵の束をバッグやズボンにぶら下げておく時に”カラビナ”と呼ばれる…

  6. Newガジェット

    圧縮袋を持っていなくてもキャリーそのものを圧縮する事ができるキャリーケース「Marlon」

    この夏、方々へ旅行に出かけたり帰省したりとたくさんの荷物を持って移動す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP