AirPowerより魅力的!!iPhoneXS2台とAppleWatchが同時充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」

もう2年も待たされているApple純正のワイヤレス充電パットAirPowerもようやく発売されるかな?どうかな?と微妙な所ではありますが、リーク情報をつぶさにチェックしていると出て来そうな気配はプンプンとしています。
ただAirPowerがリリースされない間にサーとパーティーからはAirPowerと同じジャンルの製品は多数リリースされて、既に何を選んだらベストなの?と言う状態に。

ただどのワイヤレス充電パットもiPhone+AirPods+AppleWatchと言う組み合わせの充電パットばかりで、iPhone2台の同時充電と言う選択肢がありません。
そこで今回はiPhoneを2台同時充電しながらAppleWatchを充電可能なワイヤレス充電パット「SliceCharge Pro」をご紹介致します。


意外と多いiPhone複数台持ち

Appleユーザーの多くはiPhoneを複数台持ち歩いている事が少なくありません。
その理由はバージョンアップされなくなった古いiOSでしか動かないアプリを使う為であったり、2台のiPhoneを使って同じゲームを共同プレイしたり、キャリアとの契約を切った古いiPhoneをオーティオプレイヤーとして利用したりとその理由は様々ありますが、割と2台のiPhoneを別々な用途に使っているユーザーが多いのです。
そしてそうなるとAirPowerでは2台同時充電できませんので、どちらかはLightiningケーブルで充電するか、どちらかが終わった後に入れ替えて充電するしかありませんが、せっかくなら2台ポンポンと置いて充電できる方が便利ですし、それが可能なのがこの「SliceCharge Pro」で、USB-C PD 30W出力の電源アダプタと合わせて2台を同時に最大7.5Wで充電しながらAppleWatchも充電する事が可能です。

ポップアップ式の磁気充電アダプタ

そしてポップアップ式の充電アダプタは横置き、平置きどちらの方向でも充電する事が可能です。

ところで何故、この「SliceCharge Pro」がAppleWatchをどこに置いても充電できる様にしなかったのでしょうか?
それはAppleWatchがQiワイヤレス充電い対応していないからです。この「SliceCharge Pro」には6つの送電用コイルが内蔵されていますのでQiワイヤレス充電に対応していればどこに置いても充電できますが、充電方式が違うのでAirPowerの位置を検出して充電ヘッドを充電台の中でAppleWatchの真下にまで動かさなければいけませんし、そう言うギミックを付加すると製造コストが上がるだけでなく可動部品が増えると言う事は故障確率も上がりますので、この固定充電ヘッドと言うのはある意味正解です。

そしてこの磁気充電パッドはAppleの認定済みの証拠である”Made For iPhone(Watch)”の認証を取得していますので、安心してiPhoneやAppleWatch、AirPodsを充電する事ができるのも魅力の1つですので、AirPowerよりも気になる製品だと思われる方は詳細は下記URLにてご確認ください。

https://www.kickstarter.com/projects/2127998328/slicecharge-pro-worlds-1st-6-coils-wireless-chargi

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です